海外展開

投稿日:2020年05月26日(火)

戦闘力




在米中、朝のニュース番組視聴を日課にしていたことがあります。

使用される単語、表現が難しいのですが、英語の勉強の一環という位置付けでした。

「今日も一日頑張ろう!!」

と思わせてくれるような「華やかさ」みたいなものを、番組から感じたことを覚えております。

 

番組の中で、違和感を持ちながらも、興味があったコーナーがあります。

番組最後に流れる「世界の天気」です。

 

ロンドンは・・・ニューヨークは・・・アトランタは・・・ロサンゼルスは・・・ベイジンは・・・トーキョーは・・・

ニュージャージー州在住だったため、自分に関係があったのは、ニューヨーク位でした。

 

一体、どれだけの人が、「世界の天気」を気にするのだろう?

ニューヨーク市民が、

「あぁ~ロンドンは今日も雨かぁ。。。」

「ロスは、今日晴れか。明日はどうだろう。明日も晴れなら良いけど。。。」

って思うのだろうか?という疑問がありました。

 

「ロンドンは、午前中は雨か。良かった。フライトが午後からだから、到着する頃には、晴れているだろう。」

「パリは、最近寒くなってきてるな。。。先週行ったときは、まだ暖かかったけど。。。」

世界を飛び回るような人たちには、あり得る話なのだと思います。

 

2013年。

東南アジア3ヵ国を周った。

アウトソーシング先の企業探しを目的とした海外渡航だった。

 

仕事での海外は、初めてだった。

故に、華やいだ気持ちだった。

自分が、心の何処かで、「海外との接点」を探求していたことを確認することができた。

 

日本に戻ってから、海外に出る機会に恵まれることはなかった。

今となっては、その理由を認識できている。

 

久しぶりの海外をプラスにして行きたいという気持ちが強かった。

恵まれることのなかった海外に出る機会を通して、これからの自分のキャリアをイメージしていた。

多分、妄想に近いイメージだったと思う。

 

お陰様で、僕の語学力でも、現地法人とのやり取りをスムーズに行うことができた。

帰国後も、現地法人数社とコンタクトを取り続け、プロジェクトを発注し、実際に仕事をした。

現地法人とのやり取りは、とても刺激的だった。

しばらくの間、得ることのなかった「刺激」が、そこにあった。

あの頃は、自分らしい仕事をしているという実感があった。

 

残念ながら、関わったプロジェクトは、それぞれ単発で終わってしまった。

色々な事情がったのだが、ここでは割愛する。

 

それからしばらく、海外との関係は、無縁となってしまった。

それでも、

「またいつか。。。」

という気持ちをずっと抱いていたと思う。

 

最近、ある企業から営業メールが届いた。

東南アジアの国でオフショア開発を行っている会社からだった。

懐かしく感じた。

7年前を思い出しながら、メールに目を通した。

 

一度、ビデオ会議でという話になり、先方のお話を伺う時間を貰った。

自分で完結することだけを考えてきたが、良い機会だと思った。

彼らの力を拝借し、もっと楽しい仕事をしていこうという気持ちになった。

現在、彼らにお願いできる案件をまとめている。

今から楽しみだ。

 

今回の件、海外との接点をスタートする良い機会と捉え、次のステップに繋げていこうと思っている。

その先には、明るい未来が広がっているような予感がある。

 

心の何処かで、ずっと抱き続けてきた「海外展開」を具体的にして行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 投稿日:2020年02月08日(土)

    「人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。 自然のなかで最も弱いものである。 だが、それは考える葦である。」   ブレーズ・パスカルの代表作、「パンセ」の中の一節です。 大学時代、自動車教習所の先生から初めて聞か […]


    本文を読む

  • インターンシップ

    投稿日:2019年12月22日(日)

    2011年頃のことです。 資料を確認すれば、詳しい内容がハッキリすると思いますが、昔の話ということで。。。   アメリカでは、「インターンシップ」という制度がしっかり出来ていて、大学生は、夏休みを利用したりして […]


    本文を読む

  • 自然災害

    投稿日:2020年09月24日(木)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   大型台風上陸が、各方面に様々な影響を与えているようです。 早い段階で運休を決めている公共の交通機関も少なくないようで、そ […]


    本文を読む