英国紳士 – 感性

投稿日:2020年06月04日(木)

創造力




「”休息は睡眠以外には不要”という人間になる。
すべてはそこから始まります。」

有名な教育者のお言葉です。

これを知ってすぐに、毎日のルーティンワークを見直してみました。

「休憩」と称して、ぼーっと過ごしている時間があるのではないか。あるのであれば、改めようと考えたからです。

 

言うまでもなく、かなりの無駄がありました。

それでも、無駄な時間を無理矢理削ろうとはせず、「遊び」のような時間があっても良いのではないかと思ったりも。

 

ある閃きがありました。

何か別のことをしながら、休憩を取る。

マルチタスクが機能するのではないかと考え、休憩中にギターを練習しては?

場合によっては、ギターを弾いている間、休憩時間を取るのはどうだろう。

とにかく、同時進行を試みてみました。

これは、結構イケてるように思います。

これについては、ですが。。。

 

色々な説、考え方があるとは思うが、僕は、人間の集中力の限界は、90分であると確信している。

故に、片付けるべく作業を細かく別け、90分単位で進めるようにしている。

 

単純作業であれば、音楽を聴きながら作業を進めることもある。

ちょっと脱線して、趣味の関係のサイトを閲覧してしまうこともある。

「まずい!!」と気付くとすぐに、仕事に戻る。

少しの寄り道により、スケジュール通りに進まないことが多々。

 

脱線したときに思いつくのは、ほとんどの場合、「ギター」である。

2年近く前に購入したギターを今でも大切に使用している。

が、少し弾けるようにもなり、好きなアーティストのギターに憧れたり、新しいギターを欲しているように思う。

その表れが、脱線時のギター探しなのだと思う。

 

ギターのブランドやモデルなど、何となくではあったが、知っているものがあった。

それらについて、詳しく調べてみるようになった。

お陰様で、今まで知らなかったことが増え、ギターに対する想いが強くなった。

 

今、新しいギターを心から求めている。

ブランド、デザイン、金額、自分に合っているか否か、色々な要素を踏まえて選ぶ作業を行っている。

「休憩時間」の中で行っている。

 

予算に合った、好きなブランドの好きな形で、自分に合っているであろうギターを2,3ピックアップした。

その中から選ぶ予定だが、購入するのは、新しい土地へ移った後になるだろう。

ギターを通して、「感性」を磨く作業を続けて行こうと思う。

 

ギターの販売サイトばかりを閲覧していた以外に理由はないと思う。

最近、どのサイトを閲覧していても、画面が、ギターの画像で溢れ始めている。

広告表示が、「ギター」ばかりになってしまった。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 試練に直面する中小企業

    投稿日:2020年01月07日(火)

    変革の時代を迎え、我々は、「VUCA(ブーカ)」の世界にいます。 「釈迦に説法」で恐縮ですが、「VUCA」とは、「Volatility(変動性)」、「Uncertainty(不確実性)」、「Complexity(複雑性) […]


    本文を読む

  • けれど空は青

    投稿日:2020年06月29日(月)

    「けれど空は青」 高校時代、大好きだったアーティストの大好きだった楽曲のタイトルです。 この楽曲には、横文字のサブタイトルが付いております。 「close friend」というサブタイトル。   当時、その英単 […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – ユーモア

    投稿日:2020年03月12日(木)

    小学校低学年の頃、国語の授業で、川柳を作る宿題が出たことを思い出しました。 品性など気にもしない年ごろということで片付けて良いのだと思います。 発表された川柳に、「品格」を感じることはありませんでした。 それでも、「笑い […]


    本文を読む