ルーティンワーク

投稿日:2020年06月12日(金)

戦闘力




「「今やるべきことに集中する」ことに集中する」

最近、マイテーマとして掲げました。

余計なことを考えて、気が散って、別のことを気にし始めて、、、集中できないときの対策で頭を悩ませていました。

 

少し前まで、SNSに気が散ってしまい、ツイートしたり、リプしたり、生産性の向上には結び付かない時間を過ごしていたりもありました。

お陰様で、最近は、落ち着いたように思います。

SNSは、情報収集のためのツールとして活用することはあっても、「遊び」としての活用は、そろそろ。。。という気持ちに至りました。

 

とにかく、集中して、目の前の片付けるべき作業に取り組む。

そのような気持ちで、あまり多くのことを詰め込まないように心掛けておりますが。。。

 

色々な方々とのお付き合いの中で、色々な案件が、同時に進んでいく。

1つの案件だけに対応すれば良いという状況は、あまりない。

故に、一つ一つにしっかりと向き合い、できるだけ短時間で片付けなければ、いつまでも仕事に追われてしまう状況が続く。

 

毎晩、翌日の計画を細かくメモすることにしている。

できるだけ細かくメモしている。

細かくすることにより、作業内容を容易にイメージできるからだ。

 

作業完了後、計画した内容を線で打ち消す。

この「打ち消し線」を引くときに「快感」を覚える。

「打ち消し線」の本数に比例して、「快感」が増えて行く。

 

この「快感」、多分「達成感」のようなものだと思う。

そして、この「達成感」は、直接的に「自己肯定感」に繋がる。

 

「習慣化」の重要性を実感している。

その日その日で、やることは違っても、「習慣化」を意識した形で、枠組みが可能であれば、結局やることは同じと考えて良い気がしている。

 

後は、想定できない出来事に直面したときに、どのように対処するか。

これは、経験値を上げて行くしかないように感じている。

常に、頭の中、気持ちが、整理された状態で、大切な時間を過ごせるよう努めて行かなければ。。。と思いながらも。。。

 

余計なことを考えたり、迷ったりしたときは、必ず、

「「今やるべきことに集中する」ことに集中する」

に戻ることにしている。

今やるべきことは、何?

集中すべき「遊び」の時間なのであれば、「遊び」に集中し、他のことは考えない。

「集中する」ための訓練を行っている最中。

 

今やるべきことに集中することを、ルーティンワークとして習慣化して行きたい。

「何やるの?これでしょ。」

そんな自問自答を繰り返して行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 英国紳士 – 感性

    投稿日:2020年06月04日(木)

    「”休息は睡眠以外には不要”という人間になる。 すべてはそこから始まります。」 有名な教育者のお言葉です。 これを知ってすぐに、毎日のルーティンワークを見直してみました。 「休憩」と称して、ぼーっと過ごしている時間がある […]


    本文を読む

  • 義を見てせざるは勇無きなり

    投稿日:2020年08月31日(月)

    論語にある有名なフレーズです。 敢えて、「義」という大義名分を無理矢理創り出し、「勇無き」を避けるためのアクションを起こしてみました。   「マインドブロック」とは、恐ろしいものです。 今まで何だったのだろうと […]


    本文を読む

  • 定点観測

    投稿日:2020年06月22日(月)

    ハンバーガーチェーン最大手の日本法人創業者が、日本第一号店を何処に出店するかを考えていました。 氏は、歩行者の流れを自身の事務所の窓から見ながら、「ここだ!」と決めました。 銀座4丁目が、その場所でした。   […]


    本文を読む