一事が万事

投稿日:2020年07月21日(火)

冒険力




「気を付けよう。一事が万事だから。」

などのように、今まで、あまり良い意味で使用していませんでした。

「一事が万事。緊張感を持って行こう。」というように活用していた気もします。

が、必ずしも悪い意味ではなく、良い意味で活用されるのが本来なのかもしれません。

 

ある女優のお話を聞いたことがあります。

「自宅の玄関を出た瞬間から、誰かに見られているという意識で行動している。」

別の方で、このようなことをお話しされている方も。

「家に居ても、誰かに見られているという意識で過ごしている。」

「完璧主義」という表現が正しいのでしょうか。

自分の人生を生きている人は、自分の哲学に基づいて生きているのだと学ばされます。。。

 

人によって、接し方を変える人がいる。

横柄になったり、ゴマをすったり、態度がコロコロ変わる人がいる。

そのような人が、実に多い。

そのような人を多く見てきた。

多分、自分自身もそのような人だったからなのだろう。

まずは、そのような人であった自分を憂い、改めた。

 

改めることによって、それまで気付かなかったことが気になるようになった。

キーワードは、「不自然さ」だ。

「何か不自然な感じがする。。。」

直感が教えてくれる。

笑顔だったり、言葉遣いだったり、声のトーンだったり、着ている洋服だったり、、、色々な要素から不自然さを感じることがある。

 

その「不自然さ」は、自分へのメッセージとして考えている。

自分の笑顔に、言葉遣いに、声のトーンに、、、「不自然さ」はないだろうか。

相手に「不自然さ」を感じさせていないだろうか。

自分を見つめ直すための作業として、アンテナを張るようにしている。

 

まだまだであるという自覚はある。

が、自分の直感が、かなりの確度で真実を教えてくれている。

人と接する回数に比例して、気付きの回数が増える。

 

「相手を不安にさせないこと。」

2年前に受講したマナー教室の先生のセッションでいただいたお言葉。

あれ以来、相手を不安にさせないことを意識してきたが、「不自然さ」を与えることは、「不安」にさせることなのでは。。。

最近、そう考えている。

 

こう確信している。

「普段から習慣として身に付いていないことをする」ことが、「不自然さ」に繋がる。

普段からやっていることだけをやれば良いのだ。

そのためには、普段の生活が重要になる。

「万事」とは、普段の生活。

「一事」とは、普段行っていることの部分的なもの。

よって、普段の生活を改める必要があるのだと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • オンラインセミナー

    投稿日:2020年07月15日(水)

    非常事態宣言が発令されて以降、様々な「変化」を目の当たりにしております。 嬉しく思える「変化」の数々を目の当たりにしております。   それでも、宣言の解除後、宣言発令前の日常に戻っている場面にも触れております。 […]


    本文を読む

  • 潜在意識

    投稿日:2020年01月18日(土)

    ルーティーンワークとして、毎朝、10通近くのメルマガに目を通しております。 そこに書かれている全てのことを理解し、知識として蓄積されているかは、わかりかねますが。。。 とにかく、色々なことを意識させるために、色々なものを […]


    本文を読む

  • The person who reads・・・

    投稿日:2021年01月30日(土)

    「The person who reads too much and uses his brain too little will fall into lazy habits of thinking.」 ドイツの物理学者 […]


    本文を読む