身だしなみ

投稿日:2020年07月22日(水)
分解力


人は見た目が9割なのだと思います。

中身で勝負するのだ!!と頑張っている人も少なくありませんが、やはり、見た目が先に来ます。

見た目をクリアして初めて、中身を見てもらえるものだと確信しております。

 

ハイブランドの製品で身を固めている人が、少なくありません。

ブランド品を身にまとうことで、9割をクリアできると思っている人たちなのでしょう。

逆に考えると、ブランド品を身に付けているから、9割OK!!と考える人が多いということなのでしょうか。

僕は、幸運にも、ブランド品で固める前にやるべきことがあることに気付かせたもらえました。

 

「体型」だと思います。

スタイルが悪ければ、何を着ても。。。

逆に、スタイルが良ければ、高級ではなくても、しっかりとした印象を与えることができるとの確信があります。。。

 

ブランドが違っても、同じようなデザインの洋服が、市場に溢れている。

勿論、生地などに違いはあるが、パッと見た感じでは、特に違いを感じることができない場合もある。

 

実際に購入する場合、躊躇してしまう。

高価なものである必要はあるのだろうか?と躊躇してしまう。

 

3年前、街を歩いていた。

気分的に落ち込んでいたような、ネガティブではありながらも、ポジティブに持ち直そうとしながら、街を歩いていた。

 

ふと、洋服店の看板が目に入った。

何年も前に、そのお店でオーダーシャツを作ったことを思い出した。

「懐かしいなぁ。。。気分転換に、シャツでも買おうかなぁ。。。」

 

久しぶりにお店の中へ。

シャツを見ていたら、女性スタッフの方が、声を掛けてくれた。

「シャツをお探しですか?」

「はい。何か一枚と思って。」

「では、このシャツはいかがですか?定番の商品ですので、どのようなスタイルにも合わせ易いですよ。」

「では、試着してもよろしいですか?」

 

試着をした。

勘違いではあるが、似合っているように感じた。

シャツを着たら、スーツを羽織りたくなった。

「上着を羽織らせていただけますか?」

「よろしいですよ。」

と言って、上着を持ってきてくれた。

羽織った瞬間、感動のような感覚が。。。

持ってきてくれた上着が、ピッタリのサイズだったことも理由だと思う。

気持ちが良かった。

 

その日は、シャツのみを購入し、女性のスタッフの方の名刺をいただいた。

「今後、何かあれば、この方に相談することにしよう。」

と思いながら、お店を出た。

 

あれ以来、スーツを含めて、仕事に必要な洋服を購入する場合、その方に相談するようにしてきた。

自分の好みで選ぶと、偏ってしまうこともわかり、女性の目線でアドバイスを貰いたかったからだ。

お陰様で、身だしなみについては、余計なことを考える必要がなくなった。

アドバイスに従って良かったと心から思っている。

 

あれから、4年近くが経過。

ずっとお世話になってきた、背が高く、スラっとした女性スタッフの「ミウラ」さんが、退社されるとのこと。

本当にお世話になった。

 

先日、お礼の意味を込めて、最後の買い物をしてきた。

少し寂しい想いが、僕の胸中にあった。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む