Heart of Gold

投稿日:2020年08月20日(木)

表顕力




昔良く聴いていたバンドの楽曲です。

アルバムに収録された楽曲で、シングルとしてリリースはされていないのですが、大好きな楽曲でした。

サビの部分のインパクトにより、今まで、ずっと忘れずにいたように思います。

 

「夢と勇気があればそれでいい」

「夢」があれば、「勇気」を持って、その「夢」に向かって進んで行くことができる。よって、「夢」と「勇気」の2つがあれば良い。

という解釈をしておりますが、楽曲制作者の想いは如何に。

 

「夢」と「目標」は違う。

「目標」は、現実可能なものだが、「夢」はそういうものではない。。。

などという話を耳にしたり。。。

「目標」に向かって進む過程で、「夢」が現実になる。

などという人がいたり。。。

 

他人がどのように考えるかは別の話として、「夢」を改めて考えてみました。

僕は、「夢」を「自分の理想とする姿」と考えております。

その姿とは・・・

 

「夢を持つと苦難を乗り越える力が湧いてくる」

ドイツの考古学者の格言。

最近、妙にこのお言葉が身に染みてくる。

大した夢を持っていた訳ではないが、夢を持っていたころを思い出したりする。

 

「普通」という枠の中で、「普通」の「夢」は持っていたように思う。

今考えると、それは「夢」だったのだろうか。

 

昔を振り返ると、曖昧な流れで進んできてしまったことを憂うべく場面が思い浮かぶ。

「そんなの無理だよ。」

「無事是名馬だから。」

「成功する人は、一握りの人だから。」

モティベーションを下げるような助言に屈してしまったことが、一番の原因だと解釈せざるを得ない。

ネガティブな発言を跳ね返すだけのエネルギーが、自分自身に備わっていなかっただけのことなのだろう。

 

毎日、色々な人、モノに触れていると、新たな気付きに恵まれることができる。

そこから、「夢」に似た何かに気付かされることがある。

「自分は、こんなことがしたかったのかなぁ。。。」

「あのころ、こんなことに夢中になっていたなぁ。。。」

一つ一つを整理していくと、進むべき方向が鮮明になってくる。

 

改めて、自分の「夢」を設定した。

現実可能か否かを問われたなら、「現実可能」と答える。

具現化できるかどうかは、「勇気」の問題のみだからだ。

 

毎日、悲喜交々、色々なことがありながらも、心折れずにいられている。

昔より少しだけ強くなった「勇気」のお陰かもしれない。

 

困難を乗り越える力を湧かすような「夢」に向かって、精進を続けて行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 作家になりたかったら、毎日・・・

    投稿日:2020年11月03日(火)

    「作家になりたかったら、毎日三時間、十年間書き続けていればなれる。」 日本の作家 遠藤周作氏の格言です。   毎日ブログを更新し続けていると、作家になったような錯覚に陥ることがあります。 ブログ更新のための時間 […]


    本文を読む

  • ウェブログ

    投稿日:2020年03月08日(日)

    2007年、自分の会社のホームページを作成しました。 帰国後すぐに、自分で作成したホームページを刷新する形で、デザインを外注し、会社のロゴ、名刺、ホームページ、諸々の広告媒体を作り直しました。 良い機会と思い、当時はまだ […]


    本文を読む

  • 集中力養成

    投稿日:2020年10月04日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   集中力を養う方法を模索しておりました。 モティベーションの問題なのか。 アドレナリンの作用の問題なのか。 目的意識の問題なの […]


    本文を読む