Take the course opposite to・・・

投稿日:2021年01月18日(月)

表顕力




「Take the course opposite to custom and you will almost always do well.」

「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」

フランスの哲学者 ルソーの格言です。

 

英語力強化を兼ねて、英語の格言に触れる機会を作ろうと思いました。

ほとんどの格言は、日本語訳されておりますが、敢えて英語の原文を基に、格言を考えて行こうと思います。

 

「人の行く裏に道あり花の山 いずれを行くも散らぬ間に行け」

「群集心理を避けよ」

沢山の偉人が、同じようなことを仰ってます。

 

これらの格言に勇気をいただけたことによって、毎日を穏やかな気持ちで過ごすことができるようになりました。

 

昔は、「普通」憧れておりました。

普通でいられることが、幸せなことであると信じていた時期もありました。

「無事是名馬」

親の影響が強かったのだと思います。

無事であることを最優先させる必要があると思っていたこともありました。

 

普通ではない自分を憂うこともありましたが、普通を装えない自分を苦しく感じておりました。

「僕は、普通の人が普通にやっていることを普通にやることができないのだ。」

長い間、そう思っておりました。

 

群集心理を避けることを覚えてから、気持ちが楽になりました。

「普通である必要はない。逆に、普通ではまずい。」

そう考えるようになってから、普通ではない自分を嬉しく感じることができるようになりました。

 

「Be daring, Be first, Be different」

普通である必要がないことに気付いた後、その気付きに裏付けを与えてくれた格言です。

 

今日、改めてルソーの格言を目にし、有難い気持ちを抱くに至りました。

このまま、普通じゃない方向へ進み続けよう。

自信を持って、そう思えるようになりました。

 

普通ではないことは、必ずしもメリットばかりではありません。

相手を見ながら、ある程度相手に合わせなければならないこともあり、表向きは、普通を装う作業も必要になってきます。

 

それでも、相手の考え方などを考慮した上での作業ですので、特に気疲れなどもなく、相手の考え方などを知る良い機会になっているようにも感じております。

 

「長い物には巻かれろ」

昔から、要所要所で、身近な人たちに言われ続けてきた気がします。

「巻かれる必要はないが、巻かれる振りは、必要なのかなぁ。」

最近、少し大人になれたような気がしておりますが。。。

 

「常に物事をうまくいかせる」ために必要な要素は、沢山あると思います。

いずれにしても、「慣習の反対の道を行く」習慣が出来上がってきているような。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 政令指定都市

    投稿日:2019年12月17日(火)

    実家を離れたい一心で、東京の大学を志望しておりましたが、成就せず、札幌で大学4年間を過ごすことになりました。が、東京への想いは消えていませんでした。 友人が、東京の大学に通っていたこともあり、夏休みなどに東京に遊びに行く […]


    本文を読む

  • もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である

    投稿日:2021年05月02日(日)

    「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」 ドイツの哲学者 カントの格言です。   ゴールデンウィークに入りました。 「去年の今ごろは・・・」 そんなことを考えながら、色々なことが […]


    本文を読む

  • HARD WORK!!

    投稿日:2020年05月18日(月)

    多様化する世の中で、唯一画一的なものがあります。 「時間」です。 誰にも平等に与えられているものです。 これを否定する余地はないと確信しております。 画一的な「時間」の使い方については、多様的。 人により、使い方、扱い方 […]


    本文を読む