一念発起

投稿日:2020年08月21日(金)

冒険力




最近、外国ドラマを視聴する機会が増えて来ております。

動画配信サイトにて、何気なく見ていたら、外国ドラマなどが目に入り。。。

日本の常識とは違うものに触れることができるという点が、興味深いところなのかもしれません。

 

ネガティブな話題、マンネリを感じる話題などで飽和してしまっているテレビ番組の視聴を避けておりました。

テレビ番組の代替として、DVDを見たり、テレビ通販番組を見たりしておりましたが、気が付いたら、ベクトルが海外ドラマに向かっておりました。

 

歴史・文化の違いを感じることで、知らない世界へ飛び込んだような感覚になれます。

まだまだ、知らないことばかり。

多分、知らないことの方が多い状態で、人生を終えるのでしょうが、できるだけ多くのことに触れて行けるよう、好奇心だけは忘れずにいたいと思っております。。。

 

「これからは、語学力が必要だ。」

大学を卒業するあたりのころ、巷間言われていたフレーズ。

母国語もしっかり話せない人に限って、そのようなフレーズを乱用していた気がする。

 

この話を誰かにしたとき、ビックリする回答が返ってきた。

「日本国内で生きて行くのであれば、語学力は必要ない。」

その人の中に、「日本国内」という限定された世界で生きて行くという前提があったのだろう。

 

「海外は、旅行で行く場所。」

というような固定観念があったのかもしれない。

今考えても、ビックリする話でしかない。

自分で作り出している「限界」を超えようと考えたとき、全く参考にならない話として、思い出してしまった。

 

あれから20年以上経過した今でも、「語学力」の重要性を謳われている。

インバウンドでの旅行者が増えているとはいえ、巷で語学堪能な人は、多くはないようだ。

 

良し悪しは別として、毎日のようにアメリカの話題が耳に入ってくる。

英語で話す人たちが、テレビに映っている。

発言内容には、必ず字幕表示で説明されている。

 

お陰様で、英語のリスニングについては、ほぼほぼ問題ないことを確認できている。

このまま、「語学力」の向上を目指していこうと思うのみである。

 

最近、よく見る海外ドラマは、英語圏のものではない。

政治的、歴史的にもデリケートな問題の多い国のドラマ。

 

今まで、全く興味がなかったのだが、その言語の文字を読みたくなった。

何故なのかはわからないが、文字を読めるようになりたくなった。

 

「良い機会なのかもしれない!」

という直感から、勉強することにした。

英語の勉強と共に、毎日少しずつ始めることにした。

まずは、半年勉強を続けてみる。

「一念発起」が、どのような結果を導いてくれるのかを楽しみに続けてみようと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 他人を感動させるには、人と違った気配りを見せることです

    投稿日:2021年05月09日(日)

    「他人を感動させるには、人と違った気配りを見せることです。」 米国の教育家・牧師の格言です。   「人と違うこと」を模索する故に、「差別化」がキーワードとして用いられます。 同業他社との比較で「差別化」を試みる […]


    本文を読む

  • 光陰惜しむべし

    投稿日:2020年07月27日(月)

    気が付いたら7月も最終週に入りました。 最近、1週間が短く感じます。 4連休もあっという間に過ぎてしまったという感じがします。   1日が、あっという間なのかもしれません。 「朝、希望を持って目覚め、昼は懸命に […]


    本文を読む