ブログ開始から100日目

投稿日:2020年03月03日(火)

分解力




本日、ブログ開始から100日目を迎えました。

 

気付いたら、100日。

あっという間でした。

毎日更新しておりますが、特段、ネタに困って記事が書けないような日はありませんでした。

その日に起こったことから、自分の頭の中を整理することを意識すると、色々なことが浮かんできました。

 

途中から意識し始めたのは、文字数です。

短くなく、長くなくを考えた時、1000字くらいが妥当かな?という感覚で決めた文字数です。

 

100日目を迎えて思うことです。

やはり、「阿部雄一郎は、こんな人です。」をテーマにして、ブログを更新しております。

 

今後、魅力的な人たちとの出会いを通して、自分自身を発信する機会が増えていくと確信しておりますが、その際、自分の中で、「阿部雄一郎が、どんな人か?」をまとめておく必要があるように感じており、そのような時のために、記事としてまとめておこうという気持ちに至りました。

 

時事ネタ、芸能ネタなどについて、自分の意見を発信することも一つのやり方だと思いますが、敢えて、その方法は取らず、何かの時に、「この記事をご一読いただけますか?」という形で返答するというのも「あり」かな?と思っております。

 

色々な情報の発信方法があります。

それらの中から、興味のある方法で、試行錯誤もしていこうと思っております。

が、当面は、自分自身が感じていることなど、偉人の名言などを引用しながら、発信していきます。

 

最近、ブログ開始から間もない頃の記事を読み返してみました。

2,3ヶ月前の話ですが、

「当時は、こんなことを考えていたのか。。。感じていたのか。。。」

と思うような記事もありました。

 

以前も書きましたが、このブログを通して、書籍の出版は、イメージしておりません。

何か違う形での成果物は、イメージしておりますが。。。

 

引き続き、自分の想いを発信して参ります。

200日目を迎える頃、どのようなことを考えているのか、今から楽しみです。

 

最後になりましたが、いつもご愛読いただいている方々に御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 最も多くの人間を喜ばせた・・・

    投稿日:2020年11月07日(土)

    「最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。」 戦国武将 徳川家康の格言です。   「顧客満足」を追求することにより、利益が生まれるというような話を耳にします。 「満足させること」と「喜ばせること」を同 […]


    本文を読む

  • 望郷の念

    投稿日:2020年01月29日(水)

    生まれた場所、育った場所、住んでいた場所。。。 「故郷」、「第二の故郷」などの表現により、色々な場所を「故郷」と思うことがあると思います。   僕の場合、生まれた場所は、住んでいたのが2歳までということもあり、 […]


    本文を読む

  • カイゼン

    投稿日:2020年03月04日(水)

    毎日の生活を“改めて”、改めようと思いました。 今までルーティン化してきた内容について、必要あるなしを精査し、必要あることは継続。 必要のないことは、代替の内容に変更、若しくは、止めるという形で、生活を見直すことにしまし […]


    本文を読む