いつまでも変わらぬ愛を

投稿日:2020年09月12日(土)

表顕力




大手製薬会社の清涼飲料水のCMで流れていた曲です。

今でも動画配信サイトにて閲覧する機会があります。

当時のことを懐かしく思いながら、ギターを弾いて歌ってみたりもしております。

 

高校時代、音楽に夢中だったころがありました。

今考えると、意識的に音楽に触れていたという感覚がなかったように思います。

自然に触れていた感じで、当たり前のような感覚でした。

今考えると。。。ですので、当時は、違った感覚で接していたのだと思いますが。。。

 

「三つ子の魂百まで」

幼少期に形成される性格は、育った環境から大きな影響を受けるものだと思います。

 

自分自身が、「保守」か「革新」かと問われたら、受けた教育、育った環境は、「保守」だったと答えるのだと思います。

多分、幼少期の影響によるものだと思いますが。。。

 

幼稚園のころだったと思う。

記憶は定かではないが、「フルート」を習いたいと思ったことがあった。

親に話すと、

「もう少し大きくなって、指が長くなってから始めた方が良い。それまでは、ピアノを習いなさい。」

と言われたことを記憶している。

「指が長くなるまでは、ピアノを習う。」ということで、話は落ち着いた。

僕は、「指が長くなったら、フルートを始める。」と意訳をした。

 

今考えると、ピアノは面白かった。

今考えると、「もっと続けておけばよかった。」という若干の後悔がある。

残念ながら、覆水が盆に返ることはない。

 

ピアノを習っていたことが影響していたのだろうか。

小学校高学年になると、歌番組を好んで見るようになっていた。

 

これも親の影響だと思う。

「クラシック」は良いが、ポップスは悪くはないが良くはない。という風が吹いていた。

クラシックギターであれば、良かったのかもしれないが、興味を持ったのは、アコースティックギターだった。

「保守」の風の中で育ったことを物語っている気がする。

 

高校時代、祖母にギターを買ってもらった。

あのころ、本当にギターが欲しかった。

 

バンドを組むような仲間、音楽に興味がある仲間がいなかったことだけが理由だと思う。

一人でギターに触れていた。

歌本を購入し、コードを覚えて、一人で弾いて楽しんでいた。

 

あるとき、音楽雑誌に、ある広告が掲載されていることに気付いた。

オーディションの案内の広告だった。

結構本気で応募を考えていたが、結局は、応募条件のデモテープ2曲を作成できず、応募を断念。

 

あのときのことを思い出しながら、オーディションを受けてきた。

任意ではあったが、歌の審査があった。

 

「折角の機会。ギターを持って行こう。」

ギターを持参して、オーディションに臨んだ。

高校時代、応募に至らなかったオーディションのことを懐かしく感じながら、当時憧れていたミュージシャンの楽曲を演奏してきた。

 

「小さな週末の冒険」は、とても楽しい時間となった。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • もっとも平安な、そして・・・

    投稿日:2020年10月26日(月)

    「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」 ドイツの哲学者 カントの格言です。   最近、仕事をしていて感じることがあります。 仕事に限らず、他人との接点により成り立つ事象は、全て […]


    本文を読む

  • 物言えば唇寒し秋の風

    投稿日:2020年08月22日(土)

    お盆を過ぎ、真夏の暑さは、何処かへ行ってしまったように感じます。 日中に蒸し暑さを感じることもなく、夜は、寒く感じるほどです。 「例年、こんな感じだったなぁ。。。」なんて思いながら、間もなく訪れる「秋」に向けて、心新たに […]


    本文を読む

  • Be daring, Be first, Be different

    投稿日:2021年03月07日(日)

    「Be daring, Be first, Be different」 アメリカの実業家 レイ・クロックの名言です。   この名言に感銘を受けた日本の実業家は、少なくないようです。 「Be first, Be […]


    本文を読む