ミッション・ビジョン・バリュー

投稿日:2020年09月22日(火)

分解力




【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】

 

途中まで読んでいた本の存在に気付きました。

読了していなかったことに気付きました。

折角気付けたので、最後まで読むことにしました。

 

読み終えていたところまでの話は、覚えていた部分と忘れいていた部分の両方でした。

忘れていた部分は、前に戻って読み直したりもしました。

 

途中で読むのをやめた理由がわかりました。

当時、別の場所で聴いた話と重複していたため、斜め読みのような感じで読み終えたことにして、別の本を読み始めたのだと思います。

 

改めて読んで良かったと思っております。

大切なことを思い出すキッカケとして、ベストなタイミングだったように感じておりますが。。。

 

あれから、2年以上が経過した。

仕事に限らず、人生において、ミッション、ビジョン、バリューの大切さを学んでから、2年以上が経過した。

 

取引先の社長から、「経営計画書」を作るように促され、作成したことがある。

が、作成して終わってしまった。

 

今から9年前の話。

「経営計画書は、重要だよ。作った方が良いよ。添削してあげるから、まずは書いてみたら?」

取引先の経営計画書を見せていただき、それを参考に自分なりに作成した。

 

僕の計画書は、「はじめに」からスタートさせた。

具体的な事業計画をまとめる前に、大枠として、ベースとなる考えを「はじめに」の中でまとめた。

自分自身が、「このようなことを考えていたのか。。。」と感じるほどの内容だった。

今読み返しても、決して恥ずかしいものではないという自負がある。

 

このベースとなる考えは、しばらくの時間を経て、複数の方々に目を通していただき、ご意見を乞うた。

ここでは割愛するが、色々なご意見があったことを思い出す。

 

途中で読むのを止めていた本の存在に気付き、改めて読み直すことにしたのは、何かの巡り合わせである解釈している。

ミッション・ビジョン・バリュー」について著わされていた。

事業のそれらの前に、自分の人生のそれらを再定義することにした。

 

「自分は、何処を目指している?」

過去の出来事を振り返りながら、「何処」を定めることに必死になっていた。

 

いつものことだが、10代のころを振り返る。

30年以上後になって、このような形で振り返ることなど、夢にも思わずに過ごしていたころを振り返る。

あのころの出来事や出来事に対して感じた想いなどが、沢山のヒントを与えてくれる。

 

まだまだ思い出せていないこともあるような気がしている。

折角のこの機会、それらを探しに行くためのものとして考えようと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 確認作業

    投稿日:2020年08月03日(月)

    仕事を進めて行く途中、定期的にクライアント様の意向を確認する作業を行っております。 仕様書の通りに作業を進めていくと、必ず疑問が湧いてきます。 整合性に問題があることに気付いたり、ヒューマンエラーを起こしかねない点を見つ […]


    本文を読む

  • 何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない

    投稿日:2021年04月04日(日)

    「何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない。」 アメリカの元NBA マイケル・ジョーダンの格言です。   毎日、「普通」に過ごしていると、「普通」のことしか起こらないことに気付くことが […]


    本文を読む

  • 年度末

    投稿日:2020年03月27日(金)

    気が付いたら間もなく3月が終わります。 ウィルスの影響で、様々な所で不自由が強いられるようです。   小説の執筆活動中、ブログ更新をお休みしておりました。 バタバタしていたこともあり、一度お休みして、当初とは違 […]


    本文を読む