【改・改訂】アメリカ合衆国大統領首席補佐官

投稿日:2020年10月03日(土)
冒険力


【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

アメリカ大統領権限継承順位は、下記の通りです。

1.副大統領兼上院議長(副大統領は、上院議長と兼務)

2.下院議長

3.上院仮議長

4.国務長官

5位以下は、各省庁の「○○長官」が続きます。

 

1位の副大統領は、文字通り、ナンバー2として認識されております。

しかし、実際の職務は、冠婚葬祭などの行事に大統領の名代として出席するくらいで、いわゆる「閑職」と言われているようです。

「合衆国大統領首席補佐官」は、大統領権限継承権はなく、世の中にあまり知られていない役職です。

歴代大統領の名前は知っていても、歴代首席補佐官の名前を知らないという人がほとんどなのでしょう。。。

 

首席補佐官の職務は、

1.スタッフの統括

2.戦略の策定

3.指示の実行

4.大統領の門番

5.究極の万能アドバイザー

大まかに5つと言われている。

 

大統領の番頭として、アドバイザーとして、大統領府の責任者として暗躍する影の権力者という解釈も可能であると思う。

 

僕は、大統領首席補佐官という役職に憧れを感じている。

 

高校時代、「音楽の道」へ進もうと考えていた時期がある。

時々、あのころを振り返り、懐かしく感じる。

 

大学に行くことが「当たり前」という周囲の考えに影響された故、「音楽の道を志す。」ことは、受け入れがたい戯言であると考えざるを得なかった。

周囲の意見に囚われず、家を飛び出すほどのエネルギーが、自分自身に備わっていなかったことを悔やむ限りである。

今になってそう思う。

 

あのときを後悔することはない。

が、あのときに抱いた気持ちを思い返すことがある。

特に、音楽に触れている時間に思い返す。

当時、目指していたのは、「音楽プロデューサー」だった。

花形である「シンガーソングライター」ではなかった。

 

その理由は何だったのだろうか。

裏方として活躍できればという気持ちが強かったのかもしれない。

憧れを抱いていた音楽プロデューサーの存在も大きかったのかもしれない。

 

「シンガーソングライター」と「プロデューサー」の違いは、「光」と「影」の違いであると解釈していた。

厳密に言うと、間違っているのかもしれないが、僕は、そのように解釈していた。

 

スポットライトを浴びることには、あまり興味がなかった。

華やかさ、派手さには、あまり興味がなかった。

スポットライトを浴びるべく華のある、派手さのある人を裏で支えて行きたい。

華やかさ、派手さを求めることなく、自分を表現して行きたい。

 

あのときの気持ちが、自分の進むべく方向を教えてくれている気がする。

「大統領」ではなく「大統領首席補佐官」への憧れは、あのときの気持ちから導かれたものであるとの確信がある。

 

今後、自分のイメージする方向に進めているか否かを確認するとき、この想いを思い返すことにしようと思う。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • 考え過ぎたことはすべて・・・

    投稿日:2020年10月29日(木)

    「考え過ぎたことはすべて問題になる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   相変わらず、「左右の脳のバランス」を意識しながらの生活を続けております。 左脳だけで生きてきた感が否めないため、右脳の活性化が急 […]


    本文を読む

  • 他人の利益をはかるように・・・

    投稿日:2020年10月28日(水)

    「他人の利益をはかるように努めていると、苦しみの世界に行く因縁が消える。」 真言宗開祖 弘法大師の格言です。   小生のクライアントで、スマホアプリを開発したいという方が、いらっしゃいます。 色々と話を伺ってい […]


    本文を読む

  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む