執着心

投稿日:2020年10月03日(土)

創造力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

手放してきたはずの「執着心」が、自分の中に、未だに存在しているように感じることがあります。

多分、その執着は、モノに対してではないような気がしております。

 

スピリチュアルな話になってしまうのでしょうか。

それらの執着は、前世から引きずっているものなのかと思ったりもします。

いずれにしても、自分の無意識の中で囚われている何かがあるのだという確信に近いものがあります。

 

それが何なのかを探る旅を始めました。

最近の出来事を通して、過去に同じような出来事がなかったかを思い返すなど、根深い何かを探るようにしております。

自分の中に根深い何かが存在し、それにまだ気付けていない自分自身が、自分の行動に制限をかけているような気が。。。

 

「憧れ」は、時に「限界の壁」を作るものなのかもしれない。

自分の手の届かないものに対して抱くのが、「憧れ」のような気がした。

考えて抜いて導き出したものではなく、ふと、そう感じる瞬間があった。

 

プロ野球のスター選手に憧れて、野球の道を進む決意を固める。

天賦の才能を感じさせるアーティストに憧れて、芸術の世界を目指す。

最初の目的としては、純粋なものであると思う。

 

目指す方向へ進むにつれて、憧れの対象が変わるのではないだろうか。。。

あのころ、あれだけ憧れていた人が。。。

雲の上の存在を身近に感じる瞬間があるような気がする。

 

どのタイミングなのかは、全くわからない。

それでも、そのような瞬間を何度も味わいながら、自分の目指す方向へ進み続けるのではないだろうか。

 

「自分の想像できる限界まで突き詰めて考える。そうすることで、それが本当に理にかなっているのか、ただ他人がそうしているだけなのかを見極めることができる。」

時々、この言葉を音読するようにしている。

その際、「想像できる限界」に焦点を充てる。

限界とは?

しばらくの間、理解できずに過ごしてきたように思う。

 

「想像していることが限界では?」

「想像することが限界を作っているのでは?」

そんなことを感じるようになった。

一度、想像するのを止めてみようと思った。

 

「このようにしたら、このようになるだろう。。。」

「あのようにしたら、あのようにはならないだろうから。。。」

中途半端な想像をすることにより、「創造力」を失いかねないのでは。

 

人間の想像は、ときにネガティブな状況を創り出し得る。

これからは、余計なことを考えずに、直感に従うことにしようと思う。

 

想像は、何らかの「執着心」から派生する形で、作られているような気がしている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • シンプル

    投稿日:2020年05月31日(日)

    僕は昔から、物事を複雑に考えてしまう傾向があります。 その傾向を自覚しております。 良くも悪くも考えてしまいます。 考えれば考えるほど、複雑化して行きます。 結局、何をしたいのか、何を求めていたのかがわからなくなったりし […]


    本文を読む

  • 緊急事態

    投稿日:2021年01月08日(金)

    再び、緊急事態宣言が発令されました。 昨年の今ごろは、何も変わらない日常を過ごしておりましたが、1年の間に、様々なことに変化が起きました。 起こってきた変化は、良し悪し両方なのでしょう。   「問題解決」と「問 […]


    本文を読む

  • 障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ

    投稿日:2021年05月03日(月)

    「障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。」 アメリカ合衆国の実業家 ヘンリー・フォードの名言です。   目の前に、「階段」と「エスカレーター」両方があった場合、どちらを選択するか。 ほとんどの […]


    本文を読む