浩然の気を養う

投稿日:2019年12月26日(木)

戦闘力




今年一年を振り返っております。

年始早々、想像すらしていなかった出来事が起こり、幸先よく一年をスタートすることができました。今まで考えていたこと、やってきたことが何だったのかと思わされるくらい、自分自身の生活に変化がありました。

自分から、環境を変えるべく”アクション”を起こしたこともありますが、ビックリするくらい嬉しいこと、楽しいことに遭遇できました。

 

今年に入って間もなく、ブログを開設しようと思っておりましたが、結局始めたのは、11月でした。予定通り進みませんでしたが、開設後は、とりあえず毎日更新中です。(来年も毎日更新をイメージしております。)

 

ブログにて、アメリカでの生活、日本に戻ってきてからの生活を振り返っております。その目的は、「省察悛改」です。

沢山の失敗を経て現在があるという自覚の上で、今後をどのように過ごしていくか、自分なりの「善悪」をもって進んでいこうと考えておりますが、失敗の都度、しっかりと改める作業だけは怠らないようにしていきます。

 

今年一年、沢山の素敵な出会いに恵まれました。

ビジネス、プライベートに関わらず、末永いお付き合いを望む方々ばかりでした。自分の感覚と似た方々との時間は、とても安心できるものでした。また、何か新しいことを始めるとき、信頼できる仲間なのかとも感じました。

今までに知り合う機会がなかったことを残念に思いながら、今後、どのような方とのご縁が待っているのか、とても楽しみにしているところです。

 

 

昨年の今頃、2019年のテーマを決めていたことを思い出します。

「自分らしく」をテーマに一年を過ごしてきました。30代の頃、考え方や行動が「普通」ではない自分を憂いていたことがあります。

 

「普通」という単語には、随分悩まされました。昨年後半からは、その悩みも解消でき、「普通」ではない自分を受け入れることができました。本当にスッキリしております。

 

本日、2020年1月15日開催のコンサートチケットが届きました。

中学校時代から好きだったアーティストのコンサートです。ファンクラブにも入会し、会員先行予約にてチケットを購入できました。

「感性を磨く」こともテーマの一つとして意識した一年です。

音楽に触れること、絵画などのアートに触れること、積極的に行ってきました。

少しずつでも、感性が磨かれ、論理的思考とのバランスに秀でることができればという一心です。

 

ルーティンワークとして、一日の行動を定めてきました。残念ながら、100%計画通りに行えたとは言えませんが、色々なことを習慣化させるべく習慣を作ってきました。

 

来年一年、今年習慣化出来たことを継続し、来年新たなことの習慣化を行っていきます。

「浩然の気」を養い続けながら。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事