途方もない夢でも実現へと前進させる・・・

投稿日:2020年10月25日(日)

戦闘力




「途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。」

アメリカ合衆国のIT企業共同創業者 ラリー・ペイジの格言です。

 

最近、様々な立場の人たちとの接点に恵まれております。

色々と学ぶべき点をいただき、有り難く感じる限りです。

 

人それぞれの経歴を背景に、どのようなことを考えているのかなどを探ったりする瞬間があります。

あくまでも、実際にどうかは別の話ですが、相手がどのような人なのかを理解しようというスタンスで接している自分を確認出来るときがあります。

 

人はそれぞれ、自身の経験などを基に創り上げてきた常識などによって形成される「枠」のようなものがあります。

「枠」の大小、広狭など、それぞれですが、必ず「枠」のようなものが存在しています。

 

相手が、どのような「枠」の中で生活しているのかが、相手を理解する際に最も重要なポイントになるように感じておりますが。。。

 

「人間は自分が思いつかないことには反対します。

一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。」

ある方が、このようなことをお話されているのを何かの記事で拝読した。

自分の経験則からも、理解できる話であると思った。

それ以上に、反対されることに対しての恐怖心を払拭することができたように思った。

目から鱗だった。

 

反対する方法は、様々。

僕の場合は、「口撃」される形での反対がほとんどだった。

「口撃」されることにより、気が滅入ったことも多々あった。

 

お陰様で、最近は、反対されることを快感にすら感じるようになった。

「反対された。多分、勝算ありと考えて良いのだろう。このまま進めて行こう。」

そんな風に根拠もなく、ポジティブを維持させている。

もしかしたら、「反対されたから。」を根拠にしているのかもしれない。

 

様々な立場の人たちとの接点により、それぞれの立場での「スキル」を武器に戦っている人が多いことを感じる。

知っているか知らないかの問題がほとんどのように思う。

得てして、専門家というのは、そういう立場の人間のように思う。

 

専門家は、その専門に関しての「枠」の中で物事を捉える。

ときに、物足りなさを感じることがある。

「枠」の中で片付けられる話ではない場合があるが故、そう感じることがある。

 

それぞれの立場の人たちに、それぞれの立場でアドバイスを求めると、ほとんどの人が、「反対」する。

その人たちの「枠」から外れた話だからなのかもしれない。

いずれにしても、競争相手のいない場所を目指しながら、「反対」され続けて行こうと思う。

 

「反対」されることによって、学べることがある。

「反対」されないような「伝え方」を学ぶための機会を得ているのだと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。
最近の投稿記事
  • 簡潔こそが英知の真髄である

    投稿日:2021年04月01日(木)

    「簡潔こそが英知の真髄である」 イングランドの作家 シェイクスピアの格言です。   何かを動かすとき、登場人物が、一人増えることにより、複雑さが増すような気がしております。 できるだけ簡潔にことを進めるためには […]


    本文を読む

  • 年の瀬に思うこと

    投稿日:2020年12月09日(水)

    今年もあと3週間。 あっという間の1年でした。 去年の今頃は、何をしていたのかを思い返したりしております。   少しホッとした気分が故、今年を振り返ってみようと思い、自分自身の周りで起きた出来事を懐かしく感じな […]


    本文を読む

  • 物事を見すぎることで、それが・・・

    投稿日:2021年02月22日(月)

    「物事を見すぎることで、それが持つ意味がまったく見えなくなることを僕は怖れる。」 アメリカの芸術家 アンディ・ウォーホルの名言です。   何か問題が生じると、その問題だけを見てしまう傾向があります。 少し俯瞰し […]


    本文を読む