もっとも平安な、そして・・・

投稿日:2020年10月26日(月)

戦闘力




「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」

ドイツの哲学者 カントの格言です。

 

最近、仕事をしていて感じることがあります。

仕事に限らず、他人との接点により成り立つ事象は、全て「キャッチボール」なのだと感じることがあります。

 

毎日の作業にて、この仕事のボールは、現在、どちらにあるのだろうか?

自分にあるのか。相手にあるのか。

これだけを考えるようにしております。

 

現在、自分のところにあるボールを相手に渡す作業。

これこそが、自分のやるべき仕事なのだと確信しております。

もちろん、ボールを相手に渡せばよいだけではなく、しっかりと相手の胸元に渡すことができるかなども求められる内容であると自覚しておりますが。。。

 

毎日、慌ただしく過ごしていた。

「これをしなければ。あれはまだ終わってなかった。」

片付けなければならない作業を残している場合、気が休まることはない。

「早くボールを渡さなければ。。。」

という嬉しくない気持ちが常駐していた。

今となっては、過去の話になったのだが。

 

大富豪の習慣が紹介されている記事を拝読した。

幾つかある習慣の中に、「超速で返信する」という習慣が記されていた。

ここでいう「返信」を、メールによる返信に限らず、あらゆることに対してのレスポンスと解釈した。

 

メールの返信はもちろんのこと、こちらに渡された「ボール」は、できる限り速く、超速で相手に渡すよう心掛けている。

相手がどのような速度でボールを渡してくれるかは、相手の問題。

こちらが気にする話ではない。

 

そうやって、ボールの現在地を確認して、自分の手元にボールがない状態を創り出すように努めている。

相手にボールを渡す作業を「労働」と呼ぶのでは、と思い始めるようになった。

ゆっくりとではあるが、「先延ばし癖」も解消されてきているような気もする。

 

「相手にボールを渡す」瞬間は、ある意味「平安」な瞬間なのかものしれない。

メールにて渡す場合は、「送信」ボタンのクリックの瞬間。

ファイルなどのデータ作成の場合は、「上書き」ボタンのクリックの瞬間。

それらの瞬間に「平安」のときを過ごしているのかもしれない。

 

時々ではあるが、相手からメールなどでのレスポンスがある。

「ファイル受け取りました。ありがとうございました。」

そのレスポンスに触れた瞬間に、「純粋な喜び」を感じることができる。

 

夜、その日に渡すべくボールを相手に渡し終えた瞬間に、その日の「労働」が終わる。

その瞬間に、「休息」が始まる。

自分の好きなことをするための時間が始まる。

 

「もっとも平安な、そして純粋な喜び」を感じながらのひと時を過ごすことができる。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事
  • 血行促進

    投稿日:2020年09月29日(火)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   通販番組を見ていて、無性に欲しくなった商品がありました。 特別価格で販売されていたので、購入しました。   購入し […]


    本文を読む

  • 代表的ロールモデル(1)

    投稿日:2019年12月29日(日)

    ロールモデルとして憧れている沢山の方々から、書籍などを通して勉強させていただいております。その中から、最も影響を受けた5名の方々。 内村鑑三先生に対する敬意の意味のみで、記事のタイトルとしました。 失礼をご海容いただけれ […]


    本文を読む

  • 成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である

    投稿日:2021年04月08日(木)

    「成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。」 イギリスの政治家 チャーチルの名言です。   仕事をしていると、「納品」が、一つの節目となります。 故に、「納品」を「あがり」 […]


    本文を読む