もっとも平安な、そして・・・

投稿日:2020年10月26日(月)

戦闘力




「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」

ドイツの哲学者 カントの格言です。

 

最近、仕事をしていて感じることがあります。

仕事に限らず、他人との接点により成り立つ事象は、全て「キャッチボール」なのだと感じることがあります。

 

毎日の作業にて、この仕事のボールは、現在、どちらにあるのだろうか?

自分にあるのか。相手にあるのか。

これだけを考えるようにしております。

 

現在、自分のところにあるボールを相手に渡す作業。

これこそが、自分のやるべき仕事なのだと確信しております。

もちろん、ボールを相手に渡せばよいだけではなく、しっかりと相手の胸元に渡すことができるかなども求められる内容であると自覚しておりますが。。。

 

毎日、慌ただしく過ごしていた。

「これをしなければ。あれはまだ終わってなかった。」

片付けなければならない作業を残している場合、気が休まることはない。

「早くボールを渡さなければ。。。」

という嬉しくない気持ちが常駐していた。

今となっては、過去の話になったのだが。

 

大富豪の習慣が紹介されている記事を拝読した。

幾つかある習慣の中に、「超速で返信する」という習慣が記されていた。

ここでいう「返信」を、メールによる返信に限らず、あらゆることに対してのレスポンスと解釈した。

 

メールの返信はもちろんのこと、こちらに渡された「ボール」は、できる限り速く、超速で相手に渡すよう心掛けている。

相手がどのような速度でボールを渡してくれるかは、相手の問題。

こちらが気にする話ではない。

 

そうやって、ボールの現在地を確認して、自分の手元にボールがない状態を創り出すように努めている。

相手にボールを渡す作業を「労働」と呼ぶのでは、と思い始めるようになった。

ゆっくりとではあるが、「先延ばし癖」も解消されてきているような気もする。

 

「相手にボールを渡す」瞬間は、ある意味「平安」な瞬間なのかものしれない。

メールにて渡す場合は、「送信」ボタンのクリックの瞬間。

ファイルなどのデータ作成の場合は、「上書き」ボタンのクリックの瞬間。

それらの瞬間に「平安」のときを過ごしているのかもしれない。

 

時々ではあるが、相手からメールなどでのレスポンスがある。

「ファイル受け取りました。ありがとうございました。」

そのレスポンスに触れた瞬間に、「純粋な喜び」を感じることができる。

 

夜、その日に渡すべくボールを相手に渡し終えた瞬間に、その日の「労働」が終わる。

その瞬間に、「休息」が始まる。

自分の好きなことをするための時間が始まる。

 

「もっとも平安な、そして純粋な喜び」を感じながらのひと時を過ごすことができる。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 朝活

    投稿日:2021年01月05日(火)

    お陰様で、朝、早い時間に一日を始めることが、習慣となりました。 朝起きてからのルーティンワークも、スムーズに進めることができるようになりました。 習慣化までの道程は、険しいものではありましたが。   夜、世の中 […]


    本文を読む

  • 人間の器

    投稿日:2020年01月20日(月)

    1番好きな作品は?と問われたら、「霧の旗」と答えると思います。 ですが、上京の際、蒲田に宿泊することがあったり。。。 当時社会問題となっていた件が、大学の偉い先生の一言がキッカケとなり、「科学は正しいという迷信の風で育っ […]


    本文を読む

  • 変革の時代

    投稿日:2020年05月29日(金)

    「FOCUSING ON THE MARKET OUTSIDE」 自社のロゴを制作した際に、ロゴの中に、会社のキャッチコピーとして添えた文章です。 もう、かなり前の話です。 「心ここに有らず」と解釈され得るコピーです。 […]


    本文を読む