人間の真の誠実は、たとえば・・・

投稿日:2020年11月13日(金)

戦闘力




「人間の真の誠実は、たとえば礼儀正しさと同じように、小さなことに対するその人の態度にあらわれる。」

スイスの法学者 カール・ヒルティの格言です。

 

「積小為大」

我々は、小さなことを積み重ねていくことの大切さを教えられております。

沢山の偉人と呼ばれる方々も、小さなことを大切にされているようです。

 

本当に些細なこと、気にする必要のないことが、大きな差を生み出すように感じております。

ほとんどの人は、それに気が付いていないようにも思えるのですが、実際はどうなのでしょう。

 

以前、「Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である」という書籍を拝読しました。

世界的スーパースターの礼儀正しさについて触れられてましたが、スーパースターになるような人は、やはり、礼儀正しいのだと思わされました。

 

「礼儀正しさ」に限らず、もっと小さなことでも、大きな差を生み出し得る要素は、沢山ありそうな気がしますが。。。




タカシは、あるセミナーに参加した。

仕事上のスキルを磨くためのものではなく、自分自身の人格を磨くためのセミナーに参加した。

セミナーの内容は、「人間力を養う」ことに焦点を充てていた。

 

「人間力」といっても、国家資格が存在する訳ではなく、どうすれば「人間力」が身に付いたかを判断できるのだろうか。

その答えは、誰にもわからないが、わからないなりに、皆、「人間力を養う」べく、日々精進しているのだろう。

タカシも同じく、自分なりに「人間力」を定義し、その定義した方向へ進むことに努める毎日だった。

 

そのセミナーを主催したのは、出版社だった。

裏方のスタッフは、出版社の社員の方々。

皆、瞳を輝かせながら、来客対応に奔走していた。

 

講演された方々の貴重なお話、主催者の完璧な準備、諸々により、セミナーは、盛会となった。

そんなセミナーに参加できたことを、タカシは、心から喜んでいた。

 

セミナー終了後、講演の余韻に浸りながら、会場を出ようとしたとき、

「ありがとうございました。」

主催のスタッフの方々が、来客者一人ひとりに、深々とお辞儀をしながら、お礼を言っていた。

 

タカシは、それに気付いた。

「ありがとうございました。」

と、頭を下げてお礼を言った。

 

その瞬間、タカシは妙なことに気付いてしまった。

他の来客者のほとんどが、頭も下げず、お礼も言わず、会場を後にしようとしていた。

タカシにとっては、違和感でしかなかった。

 

その違和感が、何処から来るのかを考えた。

セミナー会場の至る所にポスターが張られていた。

「人間力を養う」

その単語だけが、目に入ってくる。

 

「そうだ、今日は、人間力を養うためのセミナーだ!!」

何かエンターテインメントのイベントに参加しているのであれば、違和感はなかった筈。

 

タカシは考えた。

「人間力を養うために参加した来客者は、どれくらいの割合なのだろう。。。」

 

「挨拶」という小さなことに対する態度により、人間の真の誠実さを問われてしまうのではないだろうか。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • 無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ

    投稿日:2021年04月15日(木)

    「無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ。」 フランスの哲学者 パスカルの格言です。   「蟹は甲羅に似せて穴を掘る。」 人と接する際、必ず意識しております。   人それぞれ、「甲羅」の大きさが違います […]


    本文を読む

  • ミッション・ビジョン・バリュー

    投稿日:2020年09月22日(火)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   途中まで読んでいた本の存在に気付きました。 読了していなかったことに気付きました。 折角気付けたので、最後まで読むことに […]


    本文を読む

  • 分解力

    投稿日:2020年02月24日(月)

    「困難は分割せよ。」 フランスの哲学者、ルネ・デカルトが、著書『方法序説』の中で述べた言葉です。 具体的な方法は、 1.明証的に真であると認めたもの以外、決して受け入れないこと。(明証) 2.考える問題を出来るだけ小さい […]


    本文を読む