人間は現在がとても価値のあることを知らない。 ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じている

投稿日:2021年04月18日(日)

戦闘力




「人間は現在がとても価値のあることを知らない。

ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じている。」

ドイツの文豪 ゲーテの名言です。

 

「今、この瞬間に集中する」ことを心掛けるようになってから、余計なことを考えなくなったような気がしております。

余計なことを考えなくなると、過去も未来も、ある意味、「どうでも良いこと」として捉えることができるような気がします。

 

特に、「未来のよりよい日への願望」は、かなりの時間を浪費してしまうという実感があります。

よりよい日をイメージすること自体は、特段、問題にはならないと思うのですが、際限なくなってしまう感も否めないように思います。

 

「未来のよりよい日」をイメージして、そのイメージを具現化すべく、「とても価値のある現在」に集中するだけで良いような気がしておりますが。。。

 

「あのとき、こうしていれば。。。」

「あのとき、こうしなかったから。。。」

過去のある時点に戻り、「満足できない現在」に至った理由を探したりする。

「現状がこうだから。。。」

「世の中、どんな風になって行くのだろう。。。」

予想できない未来の出来事に不安になったりする。

 

過去を振り返って憂いてみても、未来を考えて不安になってみても、現在をどうするかの答えが出ることはない。

それでも、あれこれ考えてしまうのが、人間なのかもしれない。

 

現状に満足できていないのであれば、尚更、「未来のよりよい日」が訪れることを願ってしまう。

誰かの力によって、「未来のよりよい日」が訪れることはない筈なのに。

 

「とても価値のある現在」を生きることが、「未来のよりよい日」を具現化してくれると考えている。

「つれ立つ」のは、「過去」ではなく、「現在」なのだと思う。

 

色々な邪念が、「現在がとても価値のある」ことから目を逸らさせているような気もしている。

この名言により、余計なことを考えている暇がないことを自覚させられた気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • マスク着用

    投稿日:2020年04月01日(水)

    1月下旬、家路に向かう羽田空港にて、空港関係者全員が、マスクを着用されていました。   東京滞在中、「武漢」「ウィルス」などの単語を耳にしておりましたが、失礼を承知で、「対岸の火事」でした。 また、街を歩く人た […]


    本文を読む

  • 心の月を先立てて

    投稿日:2019年12月15日(日)

    「曇りなき 心の月を 先立てて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」 伊達政宗公の辞世の句です。   今年に入ってから特にですが、京セラの稲盛和夫名誉会長のお言葉を大切に、日々を過ごしております。 「動機善なりや、私心 […]


    本文を読む

  • 音楽活動

    投稿日:2020年05月25日(月)

    「之を知る者は、之を好む者に如かず。 之を好む者は、之を楽しむ者にに如かず。」 論語のことばで、 知る者より好む者、好む者より楽しむものが勝っている。 という意味です。 わかり易く表現すると、 「好きこそ物の上手なれ」 […]


    本文を読む