人間の長所は欠点が・・・

投稿日:2020年11月14日(土)

冒険力




「人間の長所は欠点があるということである。」

ユダヤの格言です。

 

欠点のない人間は、存在しないと解釈して良いのでしょう。

「長所」と「短所」は、表裏一体のように感じております。

長所は、ときに短所になり得たり、逆も然りかと思います。

 

「完璧主義」の是非について、ネット上でも沢山の記事が公開されております。

最近、「図解 2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版」という書籍を拝読しました。

「完璧主義」ではなく、「最善主義」をご紹介されている書籍でした。

 

僕自身、良くも悪くも「完璧主義者」でしたが、最近は、止めました。

「完璧はあり得ない。」

という結論に至ったからです。

 

最近は、

「Done is better than perfect.」

を意識して、物事に取り組むことにしております。

 

あり得ない「完璧」を目指しながら、「完璧」ではない自分を憂いても、気が滅入るだけかと思いますが。。。




キャサリンは、細かいことに目が行く。

誰も気が付かないようなことでも、キャサリンは気が付いてしまう。

 

「重箱の隅を・・・」という意味ではなく、細かいところではあるが、とても重要なことなので、誰も文句を言えない。

「さすが、キャサリン!!」

誰もがそう思っている。

 

キャサリンは、自他ともに認める「完璧主義者」だ。

完璧じゃなければならない。というよりも、不完全を嫌っている。

不完全を排除することにより、完璧を目指し続けてきた。

 

キャサリンは、仕事だけではなく、プライベートでも完璧を求めている。

毎日、自分自身で決めたルーティンを、「完璧」にこなしている。

 

言うまでもない話ではあるが、「健康」を意識して、スタイルの良い体型を維持している。

周りは、皆、羨ましく思っているのだが、キャサリン本人は、不満がある。

「何が不満なの?」と言われるような不満がある。

 

キャサリンは、「下腹のたるみ」を気にしている。

たるみと言うほどのたるみではないのだが、座ったときに「ポッコリとした感じ」になるのを不満に思っていた。

 

腹筋、プランクなどの筋トレはもちろん、ポッコリ感を無くすために、あらやることを試みた。

食事制限もした。

ヨガ教室にも通い始めた。

姿勢に問題があるのではと思い、骨盤矯正を意識してのストレッチ、背筋を伸ばすことに意識を向けていた。

 

それでも変化はなかった。

友人の一人が、落ち込んでいるキャサリンに、一言。

「ポッコリした感じが、完璧じゃなくて、素敵よ!」

 

「完璧」に拘ってきたキャサリンにとって、青天の霹靂だった。

それからは、あまり「完璧」を求めないように努めた。

 

「人間、誰にでも欠点は、必ずある。それを長所として考えることにしよう。」

そのような考えに改めることができるキャサリンは、ある意味完璧なのかもしれない。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 人間の器

    投稿日:2020年01月20日(月)

    1番好きな作品は?と問われたら、「霧の旗」と答えると思います。 ですが、上京の際、蒲田に宿泊することがあったり。。。 当時社会問題となっていた件が、大学の偉い先生の一言がキッカケとなり、「科学は正しいという迷信の風で育っ […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – ユーモア

    投稿日:2020年03月12日(木)

    小学校低学年の頃、国語の授業で、川柳を作る宿題が出たことを思い出しました。 品性など気にもしない年ごろということで片付けて良いのだと思います。 発表された川柳に、「品格」を感じることはありませんでした。 それでも、「笑い […]


    本文を読む

  • スキル磨き

    投稿日:2020年03月28日(土)

    「技術的な知識を深める。」   直感により、何冊かの専門書を購入。 今までの知識を基に、改めて勉強することにしました。   VPSを契約し、自前でサーバ環境の構築を試みたのが3年ほど前。 あれから時間 […]


    本文を読む