失敗の言い訳をすれば、その・・・

投稿日:2020年11月12日(木)

分解力




「失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。」

英国の作家 シェイクスピアの格言です。

 

「万象全て己の責任」

色々な方々が、同じようなことをお話されていると思います。

「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも・・・」

責任は、全て我にありと考えなければならないと思っております。

 

他人の責任にするのは、とても容易いことなのでしょう。

自分に責任がなければ、反省する必要もなく、余計なことを考える必要もなく。

いずれにしても、責任の有無は、本人の問題と捉えるしかないのではないでしょうか。

 

言い訳は、他人へ、もしくは、自分以外へ責任転嫁しているだけのことと考えております。

待ち合わせの時間に遅れたとき、

「すみません。道が混んでいて。。。」

「待ち合わせ場所がどこかわからず、迷ってしまって。。。」

よく耳にする「言い訳」かと思いますが。。。




センタロウは、病弱だった。

「病弱」と聞くと、先天性のように聞こえるが、後天的な印象を与える「病弱」だった。

 

何かあると、風邪をひく。

何かあると、調子が悪くなる。

何かあると、モティベーションが下がる。

そんな「病弱」だった。

 

いつしか、センタロウは、「病弱」というレッテルを貼られるようになった。

勿論、センタロウにとっては、不本意ではあったが、周りからは、そのような目で見られていた。

 

センタロウは、第一志望の大学に入学することができなかった過去がある。

受験勉強は、誰よりも必死に取り組んでいた。

周りに何と言われようと、勉強した。

よって、センタロウは、自分が絶対に合格すると確信していた。

 

試験当日、雪が降った。

何年に一度の雪なのだろうか。

大雪だった。

 

雪の影響は、小さくなかった。

交通機関のダイヤが乱れ、試験会場に遅刻した。

勿論、天候の理由であったため、大学側の措置が行われた。

 

結果、センタロウは、不合格となった。

センタロウは、今までの自分の努力を空しく感じながら、不合格の理由を「大雪」と考えた。

「雪さえ降らなければ。。。」

 

その後、何かある度に、スケープゴートを探すようになってしまった。

自分でコントロールできない別の何かを理由にするようになってしまった。

 

センタロウは、責任を外に求め続けることで、楽になったように感じていたが、実は違っていた。

何かが起こるたびに、調子が悪くなり始めた。

気が付いたら、「病弱」という単語だけが、目立つようになっていた。

 

センタロウは、今も体調のことで悩んでいる。

「どうしたら、病弱のイメージを払しょくできるのだろう。。。」

本人なりに、悩んでいる。

 

が、解決されることのない悩みだろう。

「万象全て己の責任」

そんな言葉を投げかけたとしても、センタロウの体調を悪化させるだけなのかもしれない。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • 気付き

    投稿日:2020年01月10日(金)

    今年に入ってから、一日一つ、「気付き」のピックアップをマストにしております。 1日中、何か気付きはないか・・・と探すのではなく、ふとした瞬間、昔の出来事などから、色々な点を結んで、「気付き」としてまとめております。 それ […]


    本文を読む

  • 自分の心と直感に従う

    投稿日:2020年01月14日(火)

    2005年。 僕が、日本の戻った年です。 その頃は、全く気にも留めておりませんでした。 今考えると、余裕がなかっただけなのかもしれません。   スタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズ氏のスピーチは、この年、 […]


    本文を読む

  • 体幹トレーニング

    投稿日:2020年12月12日(土)

    お腹周りの脂肪なのか、たるみなのか、長い間気になっておりました。 そのたるみを「皮下脂肪」だと思い込んでいたのですが、実は、脂肪ではないことを知りました。 その後、「このたるみは、どのようにして取り除いたら良いのだろう? […]


    本文を読む