自分の目でものを・・・

投稿日:2020年11月26日(木)

分解力




「自分の目でものを見て、自分の心で感じる人間がいかに少ないことか。」

ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。

 

「人は見た目が9割」「ハロー効果」など、様々なことから、確認できる事象かもしれません。

周りの評価などに影響されて、判断してしまうことが少なくないのではないでしょうか。

 

その理由は、周りの評価を気にしながら生きている人が多いことが、往々にしてあり得ることなのかもしれません。

 

「誰に何と言われようと、自分はこう考える!!」

というような確固たるものがない場合が多いのでしょうか。

確固たるものがあったとしても、周りに合わせる方が、正解と考える人が多いのでしょうか。

 

自分がどう思うかよりも、周りがどう思うかに重きを置いてしまう感覚は、どんな人にもあるように感じておりますが。。。




「百聞は一見に如かず」

100回聞いた話よりも、実際に1回見た方が、確かであるという話。

自分の目で確かめることが、どれだけ重要であるかを考えさせられる。

 

調べれば、簡単に情報を得ることができる。

が、簡単に得た情報を整理することは、簡単ではないという実感がある。

何が正しいのか、間違っているのかを判断する作業は、簡単ではない。

 

結果的に、自分の目で、耳で確認する作業が必要になる。

他人の意見を聞いてみるのも、一つの確認作業であると考えている。

 

それ以前に、自分に必要な情報か否かの判断が難しいのではないだろうか。

耳目に触れる全てが、必要な情報であるとは考えられない。

 

必要か否かを迷いながらも、まずは、入ってくる情報を受け入れてみることにしている。

その情報に触れたとき、心がどのように感じるのかを確認するようにしている。

否定的には捉えず、肯定できるもの、できそうなものを探す作業を行う。

 

結局、心が求めているものは、確かな情報のように感じる。

心が求めているものを疑うことなく、探し続けることによって、より鮮度の高い情報に触れる機会に恵まれるような気がする。

 

いずれにしても、「百聞」のみで判断することは、正しいことではないと考える。

その判断には、危険なニオイすら感じる。

 

「想像していたのとは違ったなぁ。。。」

「想像以上に感動したなぁ。。。」

目で見て、心で感じることにより、想像していなかった感覚を得ることが多々ある。

 

自分の枠の中で考えて起こすアクションからは、枠の中で想像できる範疇の出来事しか生まれないような気がしている。

余計なことは考えず、「直感」に従ってアクションを起こしてみると、面白い出来事との遭遇に恵まれるという実感がある。

 

これからも、「自分の目でものを見て、自分の心で感じ」ながら、物事を捉え続けていこうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である

    投稿日:2021年04月08日(木)

    「成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。」 イギリスの政治家 チャーチルの名言です。   仕事をしていると、「納品」が、一つの節目となります。 故に、「納品」を「あがり」 […]


    本文を読む

  • 理をもって接する 理をもって戦う

    投稿日:2020年10月10日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「「仕事ができる」とは、どういうことか?」 というタイトルの著書が、昨年、話題になりました。   「スキルのデフレ […]


    本文を読む

  • 他人を感動させるには・・・

    投稿日:2020年10月13日(火)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「他人を感動させるには、人と違った気配りを見せることです。」 米国の教育家・牧師の格言です。 この格言からのメッセージを肝に […]


    本文を読む