証明写真

投稿日:2020年12月22日(火)

表顕力




諸々、公的証明書の申請のため、証明写真の撮影を行いました。

運転免許証の更新以外で、証明書を申請するのは、ほぼ10年ぶり。

当時の写真は、いつどこで撮影したかさえ忘れてしまっているくらいです。

 

駅にある証明写真機を試してみました。

どんな仕上がりになるのか、全く想像できなかったので、とりあえずという気持ちで撮影。

 

「自分の顔は、こんな感じなの?」

印刷された写真を見た瞬間の印象でした。

 

考えてみたら、自分の顔は、必ず鏡を通して見ています。

普段、鏡を通して見る顔が、自分の顔と思っておりますが、実は違うことに気付かされました。

 

自分の顔が、黄金律によるキレイな左右対称であれば、何の違和感もないのでしょう。

しかし、残念ながら違うようで。

10年前の写真とは、明らかに違うことは一目瞭然でしたが。。。

 

「メラビアンの法則」

コミュニケーションを取る際、言語・聴覚・視覚の3つの情報から相手を判断すると言われている。

この3つの中で、「視覚情報」が与える影響は、55%。

目に入ってくる情報が、大きな影響を与えることに気付かされる。

 

このような話を聞いたりしたこともあり、表情など、自分自身でコントロールできることについては、意識するようになった。

目の形、鼻の形、口の大きさ、、、今更どうしようもないことは、考えないようにした。

美容整形という選択肢もあるのかもしれないが、今後も考えることはないだろう。

 

日々のルーティンワークを通して、「噛み合わせ」が改善されてきているように感じている。

それにより、骨格に変化があったような感覚もある。

 

今回撮影した写真と10年前のものを比べてみた。

10年前とは、年齢的なものも含めて、様々な違いがある。

良くも悪くも、違いがある。

 

それでも、意外に感じたのは、

「年を取ったなぁ。。。」

「10年前は、若かったなぁ。。。」

という感覚はなかったこと。

表現し難い、よくわからない感覚だけがあった。

 

10年前のことを懐かしく感じた。

「あのころは・・・」

と、あのころのことを思い出す良い機会となった気がする。

 

10年後、改めて公的証明書を申請する際、今回と同じように写真撮影を行うのだろう。

そのときの顔は、どんな風になっているのだろうか。

この先10年の過ごし方次第なのかもしれない。

 

それにしても、無人の証明写真機のクオリティは、自分が想像していた以上のものだった。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • ホームページリニューアル

    投稿日:2020年09月01日(火)

    昨年、ホームページを刷新して以来、コンテンツを何度か更新してきました。 その都度、気分を変える意味でも、デザインを変更しました。   ネット上には、無料で使えるテンプレートが沢山存在し、自分のイメージに合ったも […]


    本文を読む

  • この愛のために

    投稿日:2020年05月17日(日)

    昔聴いていた音楽を改めて聴く機会が増えております。 昔を思い出し、その頃を懐かしく感じたり、その頃の出来事での悲喜交々から、嬉しくなったり、失敗を笑えたり、血の気が引いたり。。。   久々に聴く音楽のほとんどは […]


    本文を読む

  • 成功があがりでもなければ・・・

    投稿日:2020年11月28日(土)

    「成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。」 イギリスの政治家 チャーチルの格言です。   「成功」、「失敗」をどのように定義しているのか次第なのかもしれません。 「成功し […]


    本文を読む