八風吹けども動ぜず

投稿日:2020年07月19日(日)

冒険力




「利・誉・称・楽・衰・毀・譏・苦」

八風とは、これらのことを表しているそうです。

 

その中で、「人間が避けるもの」が4つあります。

肉体的な衰え、金銭・物の損失を意味する 「衰え(おとろえ)」
不名誉をうけるという 「毀れ(やぶれ)」
中傷されるという 「譏り(そしり)」
様々な苦しみとしての 「苦しみ(くるしみ)」

この4つの風が、泰然と構えることを難しくしてくれているような気がしております。

 

多分、「失意泰然 得意淡然」なのでしょう。

同じことを言っているのだと思います。

自分の気持ちをコントロールすることの難しさを、最近の色々な出来事を通して痛感しているところです。。。

 

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。」

よく耳にする言葉だ。

よく耳にはするが、完璧に理解できるまでには、かなりの時間を要する。

 

人は皆、自分を守りたい。

自分が正しいとの確信はなくとも、正しいと思いたい。

自分が間違っている場合、自分を守るために相手を責めたい。

相手を責めることにより、自分の正当性を担保したい。

結果、他人に何かを求めることになる。

 

滑稽にしか思えなくなった。

時間、労力、体力その他の無駄としか思えなくなった。

他人を変えようという想いから来る「無駄」なのだと思う。

 

他人を変えようとする行為。

これは、「自分を変える必要がない」という前提から来るものなのだろうか。

「自分が絶対的に正しい!!」という前提から来るものなのだろうか。

場合によっては、100%正しいこともあり得る。

が、かなり低い確率での場合だろう。

「「自分が正しい」とは言い切れない。」若しくは、「自分が間違っている。」と認めることは、もしかしたら、「八風」に含まれている「苦しみ」なのかもしれない。

 

毎日毎日、様々な姿をした風が吹く。

どのような風であろうとも、その風を一身に受ける。

受け取り方は、その日の気持ち次第であったりする。

 

受け取り方を安定させるためには、穏かな気持ちをキープする必要がある。

残念ながら、安定した精神状態を保てるほど、出来上がっていないことを自覚している。

まだまだ、沢山の「風」を受ける必要があるのだろう。。。

 

自分の今いる場所、枠の外に飛び出してみることにする。

今、この瞬間。

改めて「枠の外」を求めるべくアクションを必要としているタイミングなのだという確信を得ている。

そこでまた、新しい「風」を受けるのだろう。

今までとは、少し趣の違うものなのだろう。

僕の胸中、そこで吹く「風」が、どのようなものなのかを楽しみにしているような気がする。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • Nine-tenths of wisdom is・・・

    投稿日:2021年01月21日(木)

    「Nine-tenths of wisdom is being wise in time.」 (知恵の9割は、時間について賢くなることである。) アメリカ歴代大統領 セオドア・ルーズベルトの格言です。   本日 […]


    本文を読む

  • マンハッ探訪

    投稿日:2019年11月29日(金)

    渡米後半年間、語学学校に通っておりました。 今考えると、「英会話を学ぶために英語のしゃべれない人が集まる語学学校に通う」ことに違和感を覚えます。英会話に慣れるためであれば、学校である必要がないように思います。多分、今留学 […]


    本文を読む

  • アクセス数

    投稿日:2020年04月21日(火)

    「毎日更新」を目標にブログを続けて来ております。 残念ながら、毎日更新は叶いませんでしたが、頻繁に更新を続けております。 今に至るまで、「アクセス数アップ」を意識したことは全く無く、昔を振り返ったり、その日起こったこと、 […]


    本文を読む