八風吹けども動ぜず

投稿日:2020年07月19日(日)

冒険力




「利・誉・称・楽・衰・毀・譏・苦」

八風とは、これらのことを表しているそうです。

 

その中で、「人間が避けるもの」が4つあります。

肉体的な衰え、金銭・物の損失を意味する 「衰え(おとろえ)」
不名誉をうけるという 「毀れ(やぶれ)」
中傷されるという 「譏り(そしり)」
様々な苦しみとしての 「苦しみ(くるしみ)」

この4つの風が、泰然と構えることを難しくしてくれているような気がしております。

 

多分、「失意泰然 得意淡然」なのでしょう。

同じことを言っているのだと思います。

自分の気持ちをコントロールすることの難しさを、最近の色々な出来事を通して痛感しているところです。。。

 

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。」

よく耳にする言葉だ。

よく耳にはするが、完璧に理解できるまでには、かなりの時間を要する。

 

人は皆、自分を守りたい。

自分が正しいとの確信はなくとも、正しいと思いたい。

自分が間違っている場合、自分を守るために相手を責めたい。

相手を責めることにより、自分の正当性を担保したい。

結果、他人に何かを求めることになる。

 

滑稽にしか思えなくなった。

時間、労力、体力その他の無駄としか思えなくなった。

他人を変えようという想いから来る「無駄」なのだと思う。

 

他人を変えようとする行為。

これは、「自分を変える必要がない」という前提から来るものなのだろうか。

「自分が絶対的に正しい!!」という前提から来るものなのだろうか。

場合によっては、100%正しいこともあり得る。

が、かなり低い確率での場合だろう。

「「自分が正しい」とは言い切れない。」若しくは、「自分が間違っている。」と認めることは、もしかしたら、「八風」に含まれている「苦しみ」なのかもしれない。

 

毎日毎日、様々な姿をした風が吹く。

どのような風であろうとも、その風を一身に受ける。

受け取り方は、その日の気持ち次第であったりする。

 

受け取り方を安定させるためには、穏かな気持ちをキープする必要がある。

残念ながら、安定した精神状態を保てるほど、出来上がっていないことを自覚している。

まだまだ、沢山の「風」を受ける必要があるのだろう。。。

 

自分の今いる場所、枠の外に飛び出してみることにする。

今、この瞬間。

改めて「枠の外」を求めるべくアクションを必要としているタイミングなのだという確信を得ている。

そこでまた、新しい「風」を受けるのだろう。

今までとは、少し趣の違うものなのだろう。

僕の胸中、そこで吹く「風」が、どのようなものなのかを楽しみにしているような気がする。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。
最近の投稿記事
  • 自社ビル

    投稿日:2020年01月26日(日)

    不動産について、所有か賃貸か。 オフィスでも住宅でも、この二者択一は、究極の選択に近いものがあります。 どちらも一長一短。要するに、価値観を何処に置くか次第なのかもしれません。   最近、シェアオフィスの台頭が […]


    本文を読む

  • I like to listen. I have・・・

    投稿日:2021年03月21日(日)

    「I like to listen. I have learned a great deal from listening carefully. Most people never listen.」 アメリカの作家 ヘミ […]


    本文を読む

  • HARD WORK!!

    投稿日:2020年05月18日(月)

    多様化する世の中で、唯一画一的なものがあります。 「時間」です。 誰にも平等に与えられているものです。 これを否定する余地はないと確信しております。 画一的な「時間」の使い方については、多様的。 人により、使い方、扱い方 […]


    本文を読む