連休明け

投稿日:2021年01月12日(火)

冒険力




3連休を有意義に過ごすことができました。

やるべきことが決まっていると、やるべきことを片付けることだけを考えて生活するのみ。

とてもシンプルで過ごしやすく感じております。

 

途中、緊急の対応を迫られえることもありますが、要所要所をしっかりと抑えている限り、緊急事態に右往左往することもないような気がします。

あれこれ考えれば考えるほど、余計なことが増えていくだけのような気がし始めてからは、極力無駄な考え事をしないくて済む環境、できない環境を構築できるかどうかが、生産性を向上させ得る上で、大切な要素なのかもしれません。

 

それでも、まだまだ無駄な時間を過ごしているという自覚はあります。

ふと我に返ると、「今のこの時間、無駄のような気がする。。。」

などと感じることがあるからです。

 

100%無駄のない生活。

何となく、余裕のない生活のようにも感じておりますが。。。

 

前日に予定を決めてから就寝。

そんな生活が、習慣となった。

どんなに眠くても、明日の予定だけは、手帳に記してから寝ることにしている。

 

片付けなければいけないことは、沢山ある。

一つ一つ片付けて行かなければ、やることが増えていくのみ。

時間に追われる生活から抜け出すことができなくなる。

 

色々なことを考える時間、何も考えずにボーッとする時間は、とても大切だと思う。

それでも、考えている時間を費やすことによって、何か良いアイディアに巡り合えるかどうかは、定かではない。

 

最近は、色々と動きながら感じることが、次のステップになると実感している。

まずは、アクションを起こしてみる。

その後に訪れる問題などは、その時々に片づければよいと思っている。

 

何か問題に直面すると、立ち止まって考える。

余り効果的ではないという確信がある。

 

まず計画を立てる。

計画が、実行可能かどうか、現実的であるかどうか、あまり考える必要ないように思う。

 

できるできないに関わらず、計画を立て、少しずつでも計画通りに進めるよう動きながら考えていく。

アクションを起こす前に想定していた問題が、必ずしも問題として訪れるとは限らないことを実感している。

 

まずは、動くのが先なのだと思う。

その後のことは、その後に考えればよい。

3連休明けに、バタバタとした1日を過ごした。

そんな1日を振り返って思うことである。

 

今後も、余計なことを考えている余裕があるのであれば、何かのアクションを起こすための時間として活用していこうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 緊急事態時の今、想うこと

    投稿日:2020年04月15日(水)

    昨年末、昨年の反省を踏まえ、2020年の計画を立て、今年の年末までに形にしたいイメージを具体的に持ち、新たな気持ちで新しい年を迎えました。   オリンピック開催により、色々な変化を目の当たりにする1年になるのだ […]


    本文を読む

  • 試奏

    投稿日:2020年06月26日(金)

    自分で勝手にイメージして躊躇してしまうことが多々あります。 アクションを起こした後の「失敗」を想定してしまい、無意識にブレーキをかけるのであれば、単なる「損失回避」なのだと思います。 しかし、自分の勝手なイメージは、いわ […]


    本文を読む

  • 試練に直面する中小企業

    投稿日:2020年01月07日(火)

    変革の時代を迎え、我々は、「VUCA(ブーカ)」の世界にいます。 「釈迦に説法」で恐縮ですが、「VUCA」とは、「Volatility(変動性)」、「Uncertainty(不確実性)」、「Complexity(複雑性) […]


    本文を読む