困るということは、・・・

投稿日:2021年01月13日(水)

冒険力




「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。」

アメリカの発明家 エジソンの格言です。

 

「困る」という状況は、色々な場面で直面します。

右往左往しまったり、気持ちを穏やかに保てなくなったり、メンタルな部分で、諸々の不都合を生じさせます。

 

「失意泰然 得意淡然」

という言葉を大切にしております。

どんなときでも、気持ちを一定に保つことを心掛ける際、この言葉を思い出すようにしております。

それでも、ネガティブな状況に陥ってしまうこともしばしば。

気持ちを整える作業の難しさを痛感しております。

 

別の表現で、「貪瞋痴」という言葉も意識しております。

人間誰もが持っている「三毒」と言われるものですが、僕自身、例外ではなく、この「三毒」に悩まされ続けております。

 

いつか悟りを開いて、仏の境地へ。

そんな大それたことを考えることはありませんが、少しでも近づくことができればという気持ちだけはあるのですが。。。

 

新しいことを始めると、必ずわからないこと、困難なことにぶつかる。

そんなとき、嫌気がさして、折角始めたことを途中でやめてしまうことがある。

ほとんどの人が、そのようなことを経験していると思う。

 

最近は、こう考えることにした。

「失敗しても、上手くいかなくても良いので、続けてみよう。」

目的を「続ける」ことにすると、案外長く続けることができる。

 

壁にぶつかったとき、その壁をどう乗り越えるか。

そんなことは、気にしないことにしている。

そもそも、壁と感じていることは、本当に「壁」なのかもわからなくなってきている。

 

上手くいかないとき、わからないなら、調べれば良いだけのこと。

調べてもわからなければ、自分なりにトライしてみる。

 

いずれにしても、続けることを目的としているため、自分なりの試みが失敗だったとしても、全く問題はない。

 

やり続けていると、自然に知恵がつく。

この場合は、こうしよう。こうした方が良い。

感覚的に動いているときもあるが、何となくのノウハウに従って、進めてみる。

目的としている「続ける」ことが、続いている限り、余計なことを考える必要はない。

 

「新しい世界を発見する扉」は、自分の身の回りに沢山ある。

が、それらが、新しい世界へのものかどうかは、全くわからない。

 

一つだけわかる方法があるとすると、何か困難な状況に直面したとき。

「これを乗り越えれば、違う世界に進める。」

という風に考えることはないが、気が付いたら違う世界に来ていることもある。

 

目先のことを目的にすると、案外上手くいくことが多い。

新しい世界を発見することは、続けることを目的にして、何かを始めることのように感じている。

 

今年も、色々なことを始めようと思っている。

既に始めていることもある。

今年の年末、どのような世界を見ているのかが、とても楽しみである。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • WordPress

    投稿日:2019年12月23日(月)

    「ウェブログ」という単語が市民権を得たのは、2005年頃、僕が日本に戻ったころかと思います。 当時は、「Movable Type」というCMS(コンテンツ管理システム)として普及し始めておりました。不動産の物件情報なども […]


    本文を読む

  • 考える時間

    投稿日:2020年02月17日(月)

    毎朝、起床後の30分を「考える時間」に当てています。 前の日の就寝前、その「考える時間」に考えることを決めることにしております。   考えることのほとんどが、「仕事」のことです。 が、「仕事」のことと言っても、 […]


    本文を読む

  • マンハッ探訪

    投稿日:2019年11月29日(金)

    渡米後半年間、語学学校に通っておりました。 今考えると、「英会話を学ぶために英語のしゃべれない人が集まる語学学校に通う」ことに違和感を覚えます。英会話に慣れるためであれば、学校である必要がないように思います。多分、今留学 […]


    本文を読む