運命の中に偶然は・・・

投稿日:2021年01月16日(土)

冒険力




「運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う以前に、自分がそれをつくっているのだ。」

アメリカの政治家 ウッドロー・ウィルソンの格言です。

 

意識しているわけではありませんが、最近、この格言に似たようなことを思っていたり、考えていたりするような気がしております。

目標・夢などは、ある程度具体的にまとめる作業を行いますが、それ以外のことは、全て流れの中で起こることと捉えております。

 

「因果応報」

この言葉で、まとめてしまって良いと思う程、自分の身に起こることは、自分自身で起こしているのだと考えるようにしております。

 

良くも悪くも。

よって、「善因善果」を心掛けてはおります。

少し前までは、このような考え方ではなかったことを思うと、自分自身の変化に驚かさせれるばかりですが。。。

 

3年ほど前のことを思い出してみた。

今、お付き合いいただいている人たちとは、全く接点がなかったころ。

逆に、あのころお付き合いがあった人たちとは、疎遠になった。

 

疎遠になった人たちが、現在どうしているかなどを考えることはない。

ただ、少しの間に、色々なことが変化した。

その変化を嬉しく思う。

 

「これが運命」

などとは思わない。

やはり、このような流れになるべく3年だったのだと思う。

良くも悪くも、「自分がそれをつくった」のだと思う。

 

ここ2年の間に、「偶然」による出来事を沢山経験できた。

この「偶然」も、「自分がつくった」のだと思う。

 

今年に入ってからも、新たな出会いに恵まれている。

毎日のように、新しい関係が構築されているのを実感できている。

それも、「自分がつくった」のだと思う。

 

今後、どのような流れになるのか、どのようなことが起こるのか。

良くも悪くも自分でつくり、様々な出来事が、偶然を装って訪れるのだろう。

楽しみでしかないことを嬉しく感じる。

 

何もかもが、ポジティブな出来事であると確信している。

仮に、ネガティブな出来事だとしても、必ず何かのメッセージを受け取ることができる。

このメッセージは、ポジティブでしかない。

そのメッセージを踏まえて、次に進めばよいと考えている。

 

人間関係で悩んでいる人が多いようだが、悩む必要はないと思っている。

全てをプラスに変えれば良いことだと考えるようになってからは、余計なことを考えなくなった。

 

全ては、「自分がつくっているのだ。」

良い方向に進むように、全てをつくって行けば良いだけの話だと思う。

 

先の話を考えるのではなく、先の話をつくって行こうと思っている。

沢山の楽しい出来事が、「偶然」やってくるのだろうから。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 血行促進

    投稿日:2020年09月29日(火)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   通販番組を見ていて、無性に欲しくなった商品がありました。 特別価格で販売されていたので、購入しました。   購入し […]


    本文を読む

  • 代表的ロールモデル(3)

    投稿日:2020年01月02日(木)

    昨年、W杯日本開催により、ラグビーが盛り上がりました。 強い日本に勇気づけられた大会でした。 決勝トーナメントで日本を破り、優勝した国は、偉大な人物を輩出する国のようです。   氏は、18歳で「最新のテクノロジ […]


    本文を読む

  • レスポンス

    投稿日:2020年06月15日(月)

    高校時代、良く聴いていた女性アーティストの動画を拝見しました。 探し当てたわけではなく、偶然表示されていることに気付いたのがキッカケでした。   彼女の代表曲ではありませんが、コアなファンであれば、絶対に知って […]


    本文を読む