I’m a firm believer that・・・

投稿日:2021年01月29日(金)

戦闘力




「I’m a firm believer that in the theory that people only do their best at things they truly enjoy. It is difficult to excel at something you don’t enjoy.」

アメリカのプロゴルファー ジャック・ニクラスの格言です。

 

お陰様で、毎日楽しみながら生活できていることを嬉しく感じます。

一昔前は、やること全てを楽しむことができず、辛い思いが続いておりました。

 

考えてみたら、ブログについてもそうなのかもしれません。

「一人でも多くに人に読んでもらいたい。」

「自分の納得のいく文章を書きたい。」

余計な気持ちが、力みとなって、楽しいことも楽しいと感じることができずにいた時期があったように感じておりますが。。。

 

毎日のルーティンワークを増やしていくことを意識して生活している。

ルーティンワークとして考えるものは、

・仕事上、やらなければいけないこと。

・仕事上、やりたいこと。

・趣味などの時間として、興味があること。

などのルーティン化を心掛けている。

 

ブログ更新についても、「仕事上、やりたいこと」と「趣味などの時間として、興味があること。」の両方の意味合いで、ルーティン化している。

 

何かをするとき、「即効性」を求めないことにしている。

それを求めると、長く続かないことは、経験から学んだ。

 

ルーティンワークは、「楽しんでやれること」だけに絞ってはいない。

楽しいか否かよりも、「目指すべく自分の姿をイメージしたとき、自分にとって必要と感じること」に重きを置いているような気もする。

「仕事上、やらなければいけないこと」は、そのような内容のものが多いと思う。

 

仮に、「楽しい」と感じることのできないことであったとしても、「楽しい要素」を探し出して、継続を試みる。

楽しい要素は、探せば幾らでも出てくることに気付けた。

 

結果的に、毎日のルーティンワークは、楽しんでやれることで満たされてきている。

最善を尽くせるという理論に当てはまるのかもしれない。

 

一つ一つの行動が、独立した単体のものであったとしても、色々なことが、繋がっているような気がする。

筋トレは、必ずしも筋肉をトレーニングするためだけのものではないように思う。

読書は、活字を覚えるためだけのものではないように思う。

 

この格言により、「楽しんでやれること」を増やしていけるよう、精進を続けて行こうと思わされた。

 

(本当に楽しんでやれることのみに、人は最善を尽くせるという理論を私は固く信じている。楽しめないことで秀でることは難しいのだ。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。
最近の投稿記事
  • 夢物語

    投稿日:2020年06月08日(月)

    まずは、「実現可能」であると信じてみませんか?   私たちは、変化の激しい時代を生きています。 自然の猛威や争いや・・・ 予期せぬ出来事に右往左往してしまうこともあります。   そのようなとき、「この […]


    本文を読む

  • WordPress

    投稿日:2019年12月23日(月)

    「ウェブログ」という単語が市民権を得たのは、2005年頃、僕が日本に戻ったころかと思います。 当時は、「Movable Type」というCMS(コンテンツ管理システム)として普及し始めておりました。不動産の物件情報なども […]


    本文を読む

  • なにかをスタートさせたい・・・

    投稿日:2020年11月20日(金)

    「なにかをスタートさせたいなら、口を閉じてとにかくやり始めることだ。」 アメリカの実業家 ウォルト・ディズニーの格言です。   何かを始めようと思ったとき、始めることの意味の有無を含めて、色々なことを考えてしま […]


    本文を読む