ダンピング

投稿日:2020年06月23日(火)
戦闘力


ひと昔前、「お弁当」は、お弁当屋さんで購入するものでした。

それが、「常識」でした。

今日、コンビニで「お弁当」を購入することは、全く違和感のないこととなっております。

ひと昔前は、「あり得ないこと」でしたが。。。

 

7時開店11時閉店が店名の由来となっているコンビニエンスストアの創業メンバーの方から、面白いお話を伺いました。

「コンビニで弁当なんて、売れませんよ。誰が買うんですか。」

弁当販売を始めようとしたときの周りの反応だったそうです。

「抵抗勢力」に立ち向かうことから始まったコンビニでの「弁当販売」は、今や当たり前のことになっております。

新しいことを始めるときの周りの反応は、「弁当販売」のときのものに似ているのかもしれません。。。

 

居酒屋のチェーン店に行くと、安価でもそれなりに楽しめる。

提供される料理は、安価とはいえ、不味くはない。

「安かろう不味かろう」

は、あり得ないのだと思わされる。

今は、

「安かろうそれなりに美味かろう」

の世の中なのかもしれない。

どのような商品、サービスも「コモディティー化」により、値段が下がる。

 

値段が下がるのは、競合他社が増えることにもよる。

特に、ホームページ制作は、競合他社の多い業界のように感じる。

競合が多い故、価格競争に晒される。

「10ページ作成したい。いくらですか?」

という具合に相見積を取るクライアントが多い。

1円でも安いところに発注したいのだろう。

「ダンピング」が当たり前の世界となる。

 

企業案内をエクセルで作成している企業が、とても多いことに驚かされる。

それ以上に驚かされるのは、紙媒体の企業案内をそのまま、ホームページ上で表現したいと考えているクライアントが多いことである。

 

この考え方であれば、1円でも安い業者にお願いしたくなる気持ちはわかる。

しかし、何の効果もないことは明らかではあるが、ご理解いただけないことの方が多い。

 

「他がやっているから、うちもやってみたい。」

「他でやってうまく行っているから、うちもやってみたい。」

このスタンスでいただくお話は、全てお断りすることにした。

 

「すみません。弊社では対応できませんので、他の業者をお探しいただけませんか?」

と伝えるのではなく、そのメッセージを見積金額に添えて、お断りすることにしている。

 

根拠の有無に関わらず、発注側は発注側で、ある程度の金額を想定していることが多い。

昔、良く言われた。

「経費掛からないんだから、安くできるでしょう?」

「簡単にできるでしょう?」

 

簡単にできると思うのであれば、自分でやるべきだと思う。

いずれにしても、

「新しいことを始めてみたい。他ではやっていないことを始めてみたい。ある程度の予算を組む必要があることは理解している。何か提案してもらえませんか?」

というお話をいただきたいところである。

 

地方に行けば行くほど、色々な意味での「鮮度」が下がる。。。

今までの経験から、そう感じざるを得ない。

 

これは、どのような時代になっても、変化することのない事象なのだろう。

そう思える根拠は、数えきれない程あるが、ここでは割愛したい。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む