菩提寺

投稿日:2020年01月19日(日)
分解力


10年以上前、親戚に誘われて、「新興宗教」の活動に精を出していたことがあります。

前向きに活動していた理由は、「言っていることが、間違いなく正しいと思えた」からです。

 

活動内容は、「おカネを出す」か、「身体を動かすか」のどちらかですので、おカネを使わず、イベントに参加するに徹していました。

「法話」と称するお話を聞く時間が、とても有意義でした。

明らかに、「すごい。その通りだ!」と思わされる内容でした。

 

お釈迦様、法然上人、親鸞聖人のお言葉、忘れていることもありますが、今でも大切にしているものが多々あります。

そこで得たお言葉と、最近得た知識などが、リンクしたり、リンクさせたりもできます。

1年ほどの活動でしたが、得たものは沢山あったと、改めて感じております。

 

その組織で知り合った方と仕事をする機会もいただきました。

仲良くなった女性もいました。が。。。

「宗教」とは、浮世離れした世界というイメージでしたが、浮世そのものを感じてしまうと、クエスチョンばかりが増えていき、気が付いたら、距離を置いていました。

その組織が、今も存在しているかどうかは、わかりかねますが、その活動を通して、「この世の中に「絶対」は存在しない。」ことを確信しました。

 

それからは、自然の流れに逆らわないことにしました。

父方の宗派は、「曹洞宗」、母方のそれは、「浄土宗」です。

ということで、「曹洞宗」の教えに沿って、宗教を考えることに決めました。

(あくまでも、信仰という意味で仏教を考えておりますが、勉強という意味では、色々な宗教に触れていくつもりです。)

 

JR鶴見駅から歩いてすぐのところに、父方の「菩提寺」の「総本山」があります。

同じく10年ほど前に、一度訪れた記憶があります。

 

先祖に対しての供養、回向のつもりで、10年ぶりに訪ねてみました。

坂道を登りながら、本堂で手を合わせながら、売店でお守りを購入しながら、帰りの坂道を下りながら、、、今まで考えてもいなかったことを考えまていました。。。

 

「僕の身体は、両親を介して、先祖からいただいたものなのだ。」

 

何故か、突然そんなことを思い、ビックリしてしまいました。

多分、自分らしくない自分を感じたことが理由なのだと思いますが。。。

銀のスプーンのような恵まれ方ではありませんが、恵まれた環境を与えていただき、教育を与えていただき、健康状態は、良好。今、こうして色々なことを考えたり、行動したりすることができています。

 

本堂で手を合わせている間、涙が止まりませんでした。

自分を俯瞰して見てみましたが、恥ずかしいという気持ちはなく、大きな大きな気付きをいただいたという感謝の気持ちのみです。

 

「親は無くとも子は育つ」

ぼくが生まれて初めて覚えたことわざです。

これからは、ここで言う「子」には、僕は含まれていないと考えることします。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む