菩提寺

投稿日:2020年01月19日(日)

分解力




10年以上前、親戚に誘われて、「新興宗教」の活動に精を出していたことがあります。

前向きに活動していた理由は、「言っていることが、間違いなく正しいと思えた」からです。

 

活動内容は、「おカネを出す」か、「身体を動かすか」のどちらかですので、おカネを使わず、イベントに参加するに徹していました。

「法話」と称するお話を聞く時間が、とても有意義でした。

明らかに、「すごい。その通りだ!」と思わされる内容でした。

 

お釈迦様、法然上人、親鸞聖人のお言葉、忘れていることもありますが、今でも大切にしているものが多々あります。

そこで得たお言葉と、最近得た知識などが、リンクしたり、リンクさせたりもできます。

1年ほどの活動でしたが、得たものは沢山あったと、改めて感じております。

 

その組織で知り合った方と仕事をする機会もいただきました。

仲良くなった女性もいました。が。。。

「宗教」とは、浮世離れした世界というイメージでしたが、浮世そのものを感じてしまうと、クエスチョンばかりが増えていき、気が付いたら、距離を置いていました。

その組織が、今も存在しているかどうかは、わかりかねますが、その活動を通して、「この世の中に「絶対」は存在しない。」ことを確信しました。

 

それからは、自然の流れに逆らわないことにしました。

父方の宗派は、「曹洞宗」、母方のそれは、「浄土宗」です。

ということで、「曹洞宗」の教えに沿って、宗教を考えることに決めました。

(あくまでも、信仰という意味で仏教を考えておりますが、勉強という意味では、色々な宗教に触れていくつもりです。)

 

JR鶴見駅から歩いてすぐのところに、父方の「菩提寺」の「総本山」があります。

同じく10年ほど前に、一度訪れた記憶があります。

 

先祖に対しての供養、回向のつもりで、10年ぶりに訪ねてみました。

坂道を登りながら、本堂で手を合わせながら、売店でお守りを購入しながら、帰りの坂道を下りながら、、、今まで考えてもいなかったことを考えまていました。。。

 

「僕の身体は、両親を介して、先祖からいただいたものなのだ。」

 

何故か、突然そんなことを思い、ビックリしてしまいました。

多分、自分らしくない自分を感じたことが理由なのだと思いますが。。。

銀のスプーンのような恵まれ方ではありませんが、恵まれた環境を与えていただき、教育を与えていただき、健康状態は、良好。今、こうして色々なことを考えたり、行動したりすることができています。

 

本堂で手を合わせている間、涙が止まりませんでした。

自分を俯瞰して見てみましたが、恥ずかしいという気持ちはなく、大きな大きな気付きをいただいたという感謝の気持ちのみです。

 

「親は無くとも子は育つ」

ぼくが生まれて初めて覚えたことわざです。

これからは、ここで言う「子」には、僕は含まれていないと考えることします。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。
最近の投稿記事
  • いたずらに 過ごす月日の・・・

    投稿日:2020年10月20日(火)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いたずらに 過ごす月日の多けれど 道を求める時ぞ少なき」 道元禅師の格言です。   最近、「時間」に関することに […]


    本文を読む

  • あらゆることは、・・・

    投稿日:2021年01月14日(木)

    「あらゆることは、すでにほとんど人によって考えつくされている。しかし大事なことは、それを自分で考えてみることである。」 ドイツの詩人 ゲーテの格言です。   ITを活用することにより、様々なサービス提供が容易に […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – ユーモア

    投稿日:2020年03月12日(木)

    小学校低学年の頃、国語の授業で、川柳を作る宿題が出たことを思い出しました。 品性など気にもしない年ごろということで片付けて良いのだと思います。 発表された川柳に、「品格」を感じることはありませんでした。 それでも、「笑い […]


    本文を読む