The aim of the wise is not to secure pleasure, but to avoid pain.

投稿日:2021年02月14日(日)

冒険力




「The aim of the wise is not to secure pleasure, but to avoid pain.」

古代ギリシャの哲学者 アリストテレスの格言です。

 

刹那的な毎日を過ごしていると、考えること全てが、物事の本質からずれてしまうような気がしております。

即効性を求めるのも、ある意味刹那的な生き方のように思ってしまいます。

 

 

人間、何かを始めると、すぐに結果を求めてしまいます。

すぐに結果が出ないと、ネガティブな感情に支配されてしまうものです。

仮に、すぐに結果が出たとしても、「良い結果」のみを求めてしまいます。

良い結果は、ある意味「快楽」に似た感情を与えてくれるのではないでしょうか。

 

「快楽」を求めないことが、「苦しみ」を避けることのように感じておりますが。。。

 

「石の上にも3年」

「ローマは一日にして成らず」

多くの諺が、何事にも時間が必要であることを教えてくれている。

 

頭では理解していても、できれば、石の上にも2年、1年、半年、、、を求めてしまう。

できるだけ早く、成就させたい。

万人が、例外なく思うことだと思い。

 

「急がば回れ」

焦ることなく、ゆっくりと進むことにより、良い結果を得ることができると思わせてくれる。

例え失敗したとしても、

「人間万事塞翁が馬」

ポジティブに捉えることも可能である。

 

それでも、即効性を求めてしまう。

結果が出ない時期を乗り切るためのエネルギーが無くなっていく。

「モティベーション」という表現が正しいのだろうか。

モティベーションが下がると、結果が出ない時期を無意味に感じてしまう。

 

何かを始めてから、結果が出るまでに必要な時間は、最低3カ月と考えている。

3カ月間、目に見える結果を得ることは、ほぼ無い。

 

それでも継続できるかどうかが、問われるのだと思う。

とにかく続けていれば、何らかの結果を目に見える形で得ることができる。

それまでをどうするか次第なのだろう。

 

結果が出ないことを理由にして、途中でやめることは可能である。

が、「途中でやめること」が「苦しみ」のような気がしている。

賢者は、「苦しみ」を避けるために、「途中でやめること」なく、継続していくのだろう。

 

「継続」することにより、「苦しみ」を避けることができ、結果的に「快楽」に似た結果を得ることができる。

その結果は、決して刹那的なものではないと確信している。

 

この格言により、目先の損得に囚われることなく、苦しみを避け続けて行かなければと思わされた。

 

(賢者の目的は快楽を得ることではなく、苦しみを避けることである。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 砂時計のくびれた場所

    投稿日:2020年09月18日(金)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   「あっ!!!」と、突然閃くことがあります。 何かを意識しているときに閃くというよりも、全く別のことを考えているときに訪れ […]


    本文を読む

  • 人間は現在がとても価値のあることを・・・

    投稿日:2020年10月16日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「人間は現在がとても価値のあることを知らない。 ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じ […]


    本文を読む

  • 代表的ロールモデル(5)

    投稿日:2020年01月04日(土)

    どのような宗教でも認めている「人間の欲」というものがあります。 飲食業、弁当・総菜製造業、、、食欲を満たすものや、宿泊業、寝具を含めた製造業、、、睡眠欲を満たすものは、何の偏見もなく溢れております。 ただ。。。 コンビニ […]


    本文を読む