The aim of the wise is not to secure pleasure, but to avoid pain.

投稿日:2021年02月14日(日)

冒険力




「The aim of the wise is not to secure pleasure, but to avoid pain.」

古代ギリシャの哲学者 アリストテレスの格言です。

 

刹那的な毎日を過ごしていると、考えること全てが、物事の本質からずれてしまうような気がしております。

即効性を求めるのも、ある意味刹那的な生き方のように思ってしまいます。

 

 

人間、何かを始めると、すぐに結果を求めてしまいます。

すぐに結果が出ないと、ネガティブな感情に支配されてしまうものです。

仮に、すぐに結果が出たとしても、「良い結果」のみを求めてしまいます。

良い結果は、ある意味「快楽」に似た感情を与えてくれるのではないでしょうか。

 

「快楽」を求めないことが、「苦しみ」を避けることのように感じておりますが。。。

 

「石の上にも3年」

「ローマは一日にして成らず」

多くの諺が、何事にも時間が必要であることを教えてくれている。

 

頭では理解していても、できれば、石の上にも2年、1年、半年、、、を求めてしまう。

できるだけ早く、成就させたい。

万人が、例外なく思うことだと思い。

 

「急がば回れ」

焦ることなく、ゆっくりと進むことにより、良い結果を得ることができると思わせてくれる。

例え失敗したとしても、

「人間万事塞翁が馬」

ポジティブに捉えることも可能である。

 

それでも、即効性を求めてしまう。

結果が出ない時期を乗り切るためのエネルギーが無くなっていく。

「モティベーション」という表現が正しいのだろうか。

モティベーションが下がると、結果が出ない時期を無意味に感じてしまう。

 

何かを始めてから、結果が出るまでに必要な時間は、最低3カ月と考えている。

3カ月間、目に見える結果を得ることは、ほぼ無い。

 

それでも継続できるかどうかが、問われるのだと思う。

とにかく続けていれば、何らかの結果を目に見える形で得ることができる。

それまでをどうするか次第なのだろう。

 

結果が出ないことを理由にして、途中でやめることは可能である。

が、「途中でやめること」が「苦しみ」のような気がしている。

賢者は、「苦しみ」を避けるために、「途中でやめること」なく、継続していくのだろう。

 

「継続」することにより、「苦しみ」を避けることができ、結果的に「快楽」に似た結果を得ることができる。

その結果は、決して刹那的なものではないと確信している。

 

この格言により、目先の損得に囚われることなく、苦しみを避け続けて行かなければと思わされた。

 

(賢者の目的は快楽を得ることではなく、苦しみを避けることである。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • ブログデザイン刷新

    投稿日:2020年11月01日(日)

    「何をやろうとしても、あなたは間違っていると批判する者がいる。その批判が正しいと思わせる多くの困難がたちはだかる。計画を描き、最後まで実行するには、勇気がいる。」 アメリカの思想家、哲学者、作家、詩人 ラルフ・ウォルドー […]


    本文を読む

  • この瞬間にベストを尽くせば、次の・・・

    投稿日:2020年11月04日(水)

    「この瞬間にベストを尽くせば、次の機会には最高の場所に行けるわ。」 アメリカの司会者 オプラ・ウィンフリーの格言です。   あるメルマガで紹介されていた「時間管理法」を基に、自分の作業時間を測るようにしておりま […]


    本文を読む

  • 適材適所

    投稿日:2020年02月11日(火)

    お陰様で、メモを取ることを習慣化することができました。 3年ほど前から、意識的にメモを取るようにしてきましたが、最近は、必ずメモ帳とペンを携帯し、どこでもメモを取れるように備えております。 野村元監督の著書のお陰で、「メ […]


    本文を読む