Have no fear of・・・

投稿日:2021年02月24日(水)

創造力




「Have no fear of perfection – you’ll never reach it.」

スペインの探検家 クリストファー・コロンブスの名言です。

 

完璧主義は、何かと疲弊を招くようです。

小さなミスを許せない。

他と比較して劣っている。

考えれば考えるほど、「完璧」とは程遠いことに気付かざるを得ず、「完璧」ではない自分を憂いてしまいます。

憂いてしまったあとは負のスパイラル。

ネガティブな感情だけが、自分自身を支配するようになります。

 

僕自身、「完璧主義」に近い感覚があります。

無意識に、「完璧」を求めている気がしております。

 

今に至るまで、絶対に辿り着くことのない「完璧」を目指しては、「完璧」ではないことに気付かされ、、、そんなことを繰り返してきました。

 

多分、性格的なものであり、改善を試みる必要はないと思っておりますが。。。

 

「完璧主義」ではなく「最善主義」を目指す。

ある書籍で学んだ。

より良くしたいという気持ちは、何も問題はない。

「より良く」が、「完璧」になると、諸々問題が起こる。

「より良く」という「最善」を目指すことで、肩の力が抜ける。

 

「Done is better than perfect.」

最近、とても大切にしている名言。

「とにかくは、早く終わらせよう。」

「まずは、早く終わらせよう。」

そんなスタンスで、物事に取り掛かることにしている。

 

途中、当初のイメージとは違う流れになる場合がある。

当初のイメージを具現化することが「完璧」なのであれば、この時点で、「完璧」ではなくなる。

そんなことを繰り返してきたような気がする。

 

まずは、「当初のイメージ」が「完璧」であるという前提をなくすことにしてみた。

その代わりに、「途中で方向転換などが必要になる。」ことを前提とすることにした。

この前提があれば、楽なスタンスで、アクションを起こすことができるようになる。

 

アクションを繰り返す作業を通して、「より良く」という気持ちが強くなる。

「より良く」を繰り返しても、「完璧」には至らないと確信している。

よって、「完璧」ではないことに対する憂いがなくなった。

 

もしかしたら、「完璧」はあり得るかもしれない。

そんな期待は、少しだけある。

それでも、「決してそこには到達しない」と考えるようにしている。

 

考えてみたら、「完璧」と断言できるものが、この世の中に存在するのだろうか。

何らかの欠陥がありながらも、その欠陥がプラスに働いていることもあるのではないだろうか。

 

この名言により、「完璧を目指すこと」を恐れなければと思わされた。

 

(完璧を怖れる必要はない。決してそこには到達しないから。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 我々は、自らが熟考しているものになる

    投稿日:2021年04月03日(土)

    「我々は、自らが熟考しているものになる。」 古代ギリシャの哲学者 プラトンの格言です。   人は皆、自分自身で限界を創り出しております。 意識して創り出しているというよりも、環境などの外的な影響を受けたりなど、 […]


    本文を読む

  • 他力本願

    投稿日:2020年05月23日(土)

    極楽浄土への道。 これは、自力で求める道なのだろうか、他力により導かれる道なのだろうか。 昔、自力か他力かで悩んだことを思い出します。 父方は、自力の宗派、母方は、他力の宗派ですが、どちらが正しいかを考えたことすらありま […]


    本文を読む

  • 変化はゆっくり訪れる。

    投稿日:2020年11月29日(日)

    「変化はゆっくり訪れる。」 イギリスのミュージシャン ポール・マッカートニーの名言です。   「青天の霹靂」に驚かされることがあります。 突然の出来事を想定していなかったことによる驚きなのでしょうか。 &nbs […]


    本文を読む