美しい景色を探す・・・

投稿日:2020年11月19日(木)

表顕力




「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」

オランダの画家 ゴッホの格言です。

 

身の回りをキレイに保とうと思うようになりました。

昔は、そんな感覚はなかったのですが、最近は、キレイではないものを見るのが怖くなったような感覚です。

キレイなものに囲まれて生活することのメリットは、心を穏やかに保てることであるとの確信があります。

 

キレイじゃないものが目に入ってくると、キレイとは言えない感情をいただいてしまうことに気付きました。

もちろん、個人差はあると思いますので、あくまでも個人的な意見ではあるのですが。

 

明らかにキレイとは程遠い感覚を芽生えさせてくれる人がいたり、モノがあったります。

そんな時は、すぐに目を逸らすことにしてきました。

ネガティブな何かが入ってくることに抵抗があったからです。

最近、その感覚も、少しずつ変化してきているのですが。。。




「自分はどうなの?」と言われてもおかしくないような人に限って、他人のことを言う傾向があるように感じる。

体型的にキレイではない人が、スタイルの良し悪しを口にする。

言葉遣いがキレイではない人が、品格のうむを口にする。

 

そんな場面に遭遇するたびに、一昔前の自分のことだろうと思うことにしている。

多分、自分の同じようなことを言っていたのだと考えるようにしている。

多分、今でも同じようなことを言っているのかもしれないと疑うようにしている。

 

「人は見た目が9割。」

多分、本当だと思う。

「自分は、残りの1割で勝負するのだ!!」

と頑張ってみても、9割の部分を超越できるほどの1割とは?と感じてしまう。

 

多分、世の中の9割の人は、「人は見た目が9割。」という考えに賛成だと思う。

その中の何割が、見た目に気を配っているのだろうか。

割合的には、多くはない気がする。

 

ほとんどの人は、「人は見た目が9割。」を頭では理解して入るのだろうと思うが・・・

故に、キレイとは言えない景色に触れる機会が多くなる。

故に、キレイとは言えない景色から、キレイを見つける作業が必要になる。

 

人間、ネガティブな印象を持つと、ネガティブなことばかりを見てしまう傾向がある。

逆に考えると、ポジティブな印象を持つことができれば、ポジティブに物事を進めることができるようになるのではないだろうか。

 

キレイとは言えない景色の中に、沢山のキレイが存在している。

何がキレイか、何がキレイとは言えないのか。

それぞれの感性の問題なのかもしれないが。

 

いずれにしても、キレイなものを見つけようとする行為そのものを、キレイなものとして感じることができるような気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 途方もない夢でも実現へと前進させる・・・

    投稿日:2020年10月25日(日)

    「途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。」 アメリカ合衆国のIT企業共同創業者 ラリー・ペイジの格言です。 &nb […]


    本文を読む

  • 【改訂】困るということは、・・・

    投稿日:2021年03月13日(土)

    「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   何かに「困る」ことは、普通に生活をしている限り、普通に起こることだと思います。 料理をしようと思ったら、醤油が […]


    本文を読む

  • As one of fellows

    投稿日:2020年04月10日(金)

    「抱き合う度にほら 欲張りになって行く」 中学校時代、意味もよく分からずに聞いていたことを思い出します。 あれから30年近く経った今、お陰様で、その意味を少しは理解できるようになったと思っております。   当時 […]


    本文を読む