美しい景色を探す・・・

投稿日:2020年11月19日(木)

表顕力




「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」

オランダの画家 ゴッホの格言です。

 

身の回りをキレイに保とうと思うようになりました。

昔は、そんな感覚はなかったのですが、最近は、キレイではないものを見るのが怖くなったような感覚です。

キレイなものに囲まれて生活することのメリットは、心を穏やかに保てることであるとの確信があります。

 

キレイじゃないものが目に入ってくると、キレイとは言えない感情をいただいてしまうことに気付きました。

もちろん、個人差はあると思いますので、あくまでも個人的な意見ではあるのですが。

 

明らかにキレイとは程遠い感覚を芽生えさせてくれる人がいたり、モノがあったります。

そんな時は、すぐに目を逸らすことにしてきました。

ネガティブな何かが入ってくることに抵抗があったからです。

最近、その感覚も、少しずつ変化してきているのですが。。。




「自分はどうなの?」と言われてもおかしくないような人に限って、他人のことを言う傾向があるように感じる。

体型的にキレイではない人が、スタイルの良し悪しを口にする。

言葉遣いがキレイではない人が、品格のうむを口にする。

 

そんな場面に遭遇するたびに、一昔前の自分のことだろうと思うことにしている。

多分、自分の同じようなことを言っていたのだと考えるようにしている。

多分、今でも同じようなことを言っているのかもしれないと疑うようにしている。

 

「人は見た目が9割。」

多分、本当だと思う。

「自分は、残りの1割で勝負するのだ!!」

と頑張ってみても、9割の部分を超越できるほどの1割とは?と感じてしまう。

 

多分、世の中の9割の人は、「人は見た目が9割。」という考えに賛成だと思う。

その中の何割が、見た目に気を配っているのだろうか。

割合的には、多くはない気がする。

 

ほとんどの人は、「人は見た目が9割。」を頭では理解して入るのだろうと思うが・・・

故に、キレイとは言えない景色に触れる機会が多くなる。

故に、キレイとは言えない景色から、キレイを見つける作業が必要になる。

 

人間、ネガティブな印象を持つと、ネガティブなことばかりを見てしまう傾向がある。

逆に考えると、ポジティブな印象を持つことができれば、ポジティブに物事を進めることができるようになるのではないだろうか。

 

キレイとは言えない景色の中に、沢山のキレイが存在している。

何がキレイか、何がキレイとは言えないのか。

それぞれの感性の問題なのかもしれないが。

 

いずれにしても、キレイなものを見つけようとする行為そのものを、キレイなものとして感じることができるような気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • 仕事に行き詰った・・・

    投稿日:2021年03月20日(土)

    「仕事に行き詰った時は整理整頓」 日本の将棋棋士 羽生善治氏の名言です。   色々なことで、スムーズに進まないことが多々あります。 気が滅入ってしまうこともあり、都度、気持ちの切り替えが必要となります。 &nb […]


    本文を読む

  • 深沈厚重

    投稿日:2020年09月28日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログ更新を意識してなのか、知らないことを知ろうという欲に溺れております。 目に入ってくるもの全てが、何かのメッセージである […]


    本文を読む

  • ユータ

    投稿日:2020年05月20日(水)

    小学校2年生の息子がいます。 結婚して間もなく、子宝に恵まれました。 現在は、離れて生活しておりますが、定期的に会う機会はあります。 定期的に会うことを「面会交流」と呼ぶそうです。 僕は、この単語を調停の際に知りました。 […]


    本文を読む