今いるところで、今持っているもので、あなたが出来ることをやりなさい

投稿日:2021年04月05日(月)

戦闘力




「今いるところで、今持っているもので、あなたが出来ることをやりなさい。」

アメリカの歴代大統領 セオドア・ルーズベルトの名言です。

 

人は皆、理想とする自分をイメージします。

その理想と現実の違いに落胆してしまい、ネガティブな感情に悩まされてしまいます。

理想とする自分との比較が続く限り、満ち足りることなく、時間だけが過ぎてしまうのかもしれません。

 

「いつになれば、俺は這い上がれるだろう」

「どこに行けば、俺は辿り着けるだろう」

昔よく聴いていた楽曲のフレーズです。

当時、共感しながら、聴いていたことを思い出します。

どうしたら良いのかがわからない時期に聴く楽曲としては、心に響くものがあります。

 

今となっては、這い上がるとき、辿り着く場所は、自分自身が決めるものであるような気がしておりますが。。。

 

何かを始めようと思ったとき、「あれをしなければ、これもしなければ。。。」と、やらなければいけないと思うことが、沢山浮かんでくる。

一つでも欠けていると、始めることすらできないと感じてしまう。

隣の芝生は青く見えたりすると、尚更、始めることを躊躇してしまう。

 

「スキル」という観点で考えると、できるできないは、誰かとの比較になるような気がする。

スキルのある人と比較すると、「スキルがない」と感じ、スキルのない人と比較すると、「スキルがある」と感じる。

相対的なものでしかない話に右往左往してしまう。

 

必ず、自分よりスキルがある人が存在する。

故に、比較で物事を考え始めると、「スキルがある!!」と自信を持つことは不可能だと思う。

 

スキルのない人と比較して、優越感に浸るのは、論外。

いずれにしても、比較で物事を考えることはナンセンスであると確信している。

 

「今いるところは、どこなのだろう」

「今持っているものは、何だろう」

それらをハッキリさせることにより、次にすべきことが見えてくる。

が、それをできる人が少ないのかもしれない。

 

現実を直視し、現実を認めることは、思いのほか、難しい作業なのかもしれない。

「今できること」に焦点を当てず、「やりたいこと」だけに焦点を当て続け、「やりたいこと」を追いかける作業に終始してしまうのかもしれない。

 

「今やれること」に集中して、「今やれること」を増やしていく過程で、「やりたいこと」が、「今やりたいこと」に変われば、理想としていたイメージに近付けるのではないのだろうか。

 

この名言により、理想を目指す上で、「今できること」をハッキリさせることを意識し続けて行こうと思わされた。

仮にできないことがあるのであれば、どのように「できること」に変えて行こうかを考えいて行こうと思わされた。

 

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 代表的ロールモデル(1)

    投稿日:2019年12月29日(日)

    ロールモデルとして憧れている沢山の方々から、書籍などを通して勉強させていただいております。その中から、最も影響を受けた5名の方々。 内村鑑三先生に対する敬意の意味のみで、記事のタイトルとしました。 失礼をご海容いただけれ […]


    本文を読む

  • 障害がおそろしいものに見えるのは・・・

    投稿日:2020年10月24日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。」 アメリカ合衆国の実業家 ヘンリー・フォードの格言です。 &nb […]


    本文を読む

  • Determine that the thing can and shall be done, and then we shall find the way.

    投稿日:2021年05月07日(金)

    「Determine that the thing can and shall be done, and then we shall find the way.」 アメリカ歴代大統領 エイブラハム・リンカーンの格言です。 […]


    本文を読む