努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。 多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する

投稿日:2021年04月07日(水)

戦闘力




「努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。 多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。」

アメリカの実業家 ヘンリー・フォードの名言です。

 

「がっかりタイム」

頑張っているのに、なかなか結果が出ない時期のことを、このように呼ぶと耳にしたことがあります。

この時期は、比較的、長く続くのだと思います。

「早く結果を出したい」という気持ちとの比較が、長く感じさせるのだと思います。

 

「そのうち、結果が出るだろう。」

そんな軽い気持ちで、継続ができれば、「がっかりタイム」に「がっかり」する必要がなくなるとの確信があります。

 

「飽き」や「挫折」は、モティベーションの問題なのかもしれませんが、「迷い」は、色々な気付きを与えてくれます。

「アプローチを変えたらどうなるだろうか。」

「ほかに同じようなことをしている人を参考にしてみようか。」

迷ったら、形を変えてやり直すことにより、「飽き」を回避できるような気がしておりますが。。。。

 

ある日突然、何らかの変化に気付くことがある。

「あれ?」

「どうして?」

自分では、意識していなかったことで、そう感じることがある。

 

「ブログを書き終えるまでの時間が、短くなった。」

「楽器の演奏が、少し滑らかになった。」

他にもまだあるのだろう。

 

小さなことでも、変化を感じることができれば、まずは、小さな「がっかりタイム」を乗り越えたと解釈して良いと思っている。

その後、また別の「がっかりタイム」に直面することにはなるが。

 

人は、どうしも、すぐに「理想形」をイメージしてしまう。

その「理想形」には、簡単には辿り着けない。

場合によっては、あくまでも「理想」とする形であり、辿り着くことができない事もあり得る。

 

その点、小さなことを目的に始めれば、比較的時間をかけずに、効果を得られる。

得られた効果に「一喜一憂」せず、次の小さな目的を定めれば良い。

 

これを繰り返していくことにより、「気付いたら・・・」ということが起こる。

知らないうちに、「理想形」に近づいている可能性もあり得る。

 

「がっかりタイム」の間、「がっかり」している余裕はないと考えている。

がっかりすることで、飽きたり、迷ったり、挫折したりしてしまうような気がする。

 

逆に、耐えたり、我慢したり、ポジティブシンキングだったりも必要なのだろうか。

余計なことを考えることにより、巡り巡って、「がっかり」する気持ちに行きついてしまうのではないのだろうか。

 

この名言により、余計なことは考えず、「努力が効果をあらわすまでには時間がかかる」という認識だけで良いのではないだろうかと思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 適材適所

    投稿日:2020年02月11日(火)

    お陰様で、メモを取ることを習慣化することができました。 3年ほど前から、意識的にメモを取るようにしてきましたが、最近は、必ずメモ帳とペンを携帯し、どこでもメモを取れるように備えております。 野村元監督の著書のお陰で、「メ […]


    本文を読む

  • 考え過ぎたことはすべて・・・

    投稿日:2020年10月29日(木)

    「考え過ぎたことはすべて問題になる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   相変わらず、「左右の脳のバランス」を意識しながらの生活を続けております。 左脳だけで生きてきた感が否めないため、右脳の活性化が急 […]


    本文を読む

  • お客様!!

    投稿日:2020年06月11日(木)

    「七三歩き」という江戸しぐさがあります。 道の七分は公道で、端の三分が、自分の歩くスペースという暗黙の約束だそうです。 僕は、これを聞いてから、意識的に道路の端を歩くようにしております。 一休さんに出てくる「このはし渡る […]


    本文を読む