私は決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ

投稿日:2021年04月13日(火)

冒険力




「私は決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。」

アメリカの発明家 エジソンの格言です。

 

「昨晩、眠れずに失望と戦った。」

「失望」という単語を耳にすると、必ず思い出す楽曲のフレーズです。

未だに、「太陽の破片が、頬をつたう」感覚を理解できずにおりますが。

 

趣味で、プラモデルを始めました。

ずっと前から興味があり、特に塗装が上手くできたらという想いがありました。

 

興味を持ちながらも、始めることができなかった理由は、塗装で「失敗」したくないという気持ちが強かったからだと思います。

 

いきなり上手くできる筈がないのに、いきなり上手くやりたいという気持ちがありました。

その気持ちが、始めることを躊躇させていたのだと思います。

 

「失敗しても良いから始めよう。」

そんな軽い気持ちで、始めて見ることにしました。

当然、「失敗」が続いておりますが。。。

 

「成功」と「失敗」の定義がわからなくなってきている。

何が成功で何が失敗なのだろう。

成功か失敗か、多数決により決まるものなのだろうか。

 

自分自身が、「成功」と思えば、「成功」と考えて良いと思っている。

自分自身が、「失敗」と思えば、「失敗」と考えて良いと思っている。

後ろ指を指すような輩の声は、聞く必要はないと思っている。

 

そんな風に考えるようになってから、「失望」することがなくなったような気がする。

失望している暇があれば、次のアクションを起こすようになったような気がする。

 

失敗を恐れる気持ちは、誰にでもあるものだと思う。

失敗を恐れて何もしない。

失敗を恐れながらも、飛び込んでみる。

この違いは、何からくるものなのだろうか。

 

「失敗」を「失敗」と捉えているからなのかもしれない。

「失敗」を「失敗」と思っているからなのかもしれない。

が、そもそも、「失敗」をしっかりと定義できている人はいるのだろうか。

 

何もかもが曖昧なまま、言葉だけに惑わされているのではないかと考えるようになった。

「成功」、「失敗」などの言葉に、あまり意味がないような気がしている。

余計なことを考えなければ、失望することもないのではないだろうか。

 

「八風吹けども動ぜず」

求められているのは、この精神なのかもしれない。

周りがどう解釈しようと、毅然とした態度をたっ持ち続けることができるよう精進して行かなければいけないのかもしれない。

 

いずれにしても、「どんな失敗も、新たな一歩」となれば、すべて「成功」なのだと考えることにする。

この名言により、「失望」とは、「一喜一憂」からくる「感情」であると教わった気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 大掃除

    投稿日:2019年12月28日(土)

    本日、大掃除を行いました。 昨年の今頃立てた計画の中に含まれていた予定です。 本当に一年があっという間でしたが、計画していたことの何割くらいが達成できたのでしょうか。。。 色々なことを「習慣化」できたということで、及第点 […]


    本文を読む

  • 試練に直面する従業員

    投稿日:2020年01月09日(木)

    「働き方改革」、「副業解禁」など、働く人々にとっての環境が変化しつつあります。 少なくとも、今までの「常識」とは違う「常識」が創出されようとしています。 いわゆる過渡期だと思います。   労働組合の勢いもなくな […]


    本文を読む

  • 光陰矢の如し

    投稿日:2019年12月27日(金)

    一年が、あっという間に終わろうとしております。 今年一年を振り返り、反省すべきことを改め、良い思い出を大切に来年を新たな気持ちで始めたい一心です。   少し良い思い出を振り返りたいと思います。 10年近く前に知 […]


    本文を読む