あらゆることは、・・・

投稿日:2021年01月14日(木)

戦闘力




「あらゆることは、すでにほとんど人によって考えつくされている。しかし大事なことは、それを自分で考えてみることである。」

ドイツの詩人 ゲーテの格言です。

 

ITを活用することにより、様々なサービス提供が容易に行えるようになりました。

世の中を変えるようなサービスに発展するものも少なくないように思います。

 

今年に入ってから、色々なことを考えさせられる機会に恵まれております。

「すでにほとんど人によって考えつくされている」ような、「あらゆること」を考えさせられます。

 

それらのことを考えているとき、多分、客観的に考えている場合がほとんどのような気がします。

が、それらのことは、主観的に考える必要があるのかもしれません。

 

「自分だったら、こうするだろう。こうはしないだろう。」

そんな風に考えることにより、当事者意識の中で、物事をとらえることができるような気がしておりますが。。。

 

バズワードにより、騙されてしまうことがある。

流行りの言葉には、影響力があるのだろう。

何となく違和感を覚えながらも、疑う余地をなくしてしまう。

 

世の中、様々な人たちが、様々なサービスを提供している。

そのほとんどは、成長した後に知る企業のサービスばかり。

それらの企業の創業間もないころを知る術はないのかもしれない。

 

レイトマジョリティという用語を知ったとき思った。

ほとんどに人は、レイトマジョリティに属する。

批判的、懐疑的な見方をする人が多い。

新しいアイディアを思い付いても、ほとんどの人が、反対するのと同じような感覚で捉えている。

 

巷に転がっていそうなアイディアだとしても、自分自身でしっかりと考えることができるのか。

ほとんどの人は考えない。

が、ごく少数の人たちは、自分で考えるのだろう。

自分で考えるごく少数の人により、新たなサービスが生まれるのだろう。

 

ほとんどの人は、傍観者として、目の前にあるものを批判的、懐疑的に捉える。

自分で考えることなく、他人事として捉える。

当事者にとっては、傍迷惑な話でしかない。

 

仮に、ほとんどの人によって考えつくされていることだとしても、自分で考えることにより、他の人とは違う視点で捉えることができると感じている。

 

その違う視点により生まれるものが、オリジナリティだったりするのではないだろうか。

どのようなことでも、自分自身で考えてみる。

それによって、想像すらしていなかった閃き、気付きに巡り合うことができる場合がある。

 

自分には関係ないと考えるのか、何か自分に関係があるのではと考えるのか。

どのように考えるか次第のように感じている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事