自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない

投稿日:2021年04月22日(木)

戦闘力




「自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。」

アメリカの実業家 ヘンリー・フォードの名言です。

 

個人差があるとは思いますが、自分以外の人間に頼まず、自分自身で完結させようと考えてしまう傾向があるような気がします。

頼むより、自分でやった方が「楽」という考え方が、根本にあるのだと思います。

 

頼む場合、自分がイメージした形で成果物が出来上がってくることを期待してしまいます。

少しでも、そのイメージと違っていると、残念な気持ちになり、「自分でやった方が良かった。。。」などと感じてしまったりもします。

 

人間1人のキャパシティーには、限界があります。

生産性向上を目指したり、人よりも長い時間働いたりで補ったとしても、やはり、限界があります。

 

何処かのタイミングで、人を頼る流れを作って行かなければ、スケールして行かないとわかってはいるのですが。。。

 

長い間、「自分でやる方が楽。」と考えてきた。

実際に「楽」を実感していた。

 

「人にお願いすると、費用が発生する。」

「自分のイメージ通りに仕上がってこない。」

「頼んだ人に事故などが起これば、結局自分で完結させなければならなくなる。」

諸々、都合の良い理由を並べて、自分自身で完結できる環境を、自分自身で作ってきたような気がする。

結果、自分自身で完結できないことは、引き受けることができない環境が構築されていた。

 

スケーラビリティの問題として考えると、かなり損をしてきたような気がする。

お陰様で、諸々を改めることができた。

 

色々な人の色々な力に頼ることを覚えてから、「楽」になった。

自分でやる以上の「楽」を覚えた。

この場合の「楽」は、「楽しい」という意味で使用している。

 

人とのやり取りが必要になる故、コミュニケーションが重要になる。

こちらの意図をしっかりと伝える必要があり、相手の疑問などにもしっかりと答える必要がある。

 

それでも、人に頼ることで、色々な可能性を広げることができる。

新たな出会いなどもあり、想像すらしていなかったことが起こったりもする。

スケーラビリティを実感できる。

 

ポイントとなるのは、自分は、誰かに頼られる何かがあるか否か。

頼られる何かがあるのであれば、誰かに頼ることができるような気がしている。

 

「自分には何もないが、誰かに頼めば済む。」

人のふんどしで何かをしようとする輩が多いことに驚かされることがある。

少なくない割合で、そのような輩が存在している。

 

人に頼る前に、人に頼られる何かがあるか。

何もないのであれば、自分で完結するしかないと考えている。

 

この名言により、自分自身が、「うまくやってくれる」誰かを頼ることができる人間なのか、を自問させられた気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 文章を書くときは、「頭脳」で書いても・・・

    投稿日:2020年10月19日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「文章を書くときは、「頭脳」で書いても「心」で書いても、作家の心の状態が必ず、読者に伝わってしまうものだ。」 アンドリュー・ […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – ホスピタリティ

    投稿日:2020年06月03日(水)

    政治家とキャスターの結婚を「おもてなし婚」と騒がれていました。 僕は、それを聞いて、「政略結婚」っていうこと?と思いました。 何故なら、「表(おもて)がない結婚=裏がある結婚」では? 上記内容、冗談として成立することを願 […]


    本文を読む

  • 使用機材の到着遅れ

    投稿日:2020年05月21日(木)

    雪の降る季節になると、飛行機に乗る際、搭乗日の天候を気にしてしまいます。 冬期間の天候による欠航・遅延は、あまり珍しいことではないと思っているからです。 最近は、台風などの影響で、秋の季節も油断できないように思います。 […]


    本文を読む