自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。

投稿日:2021年04月21日(水)

冒険力




「自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。」

ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。

 

筋トレをしていると、「筋肉痛」を意識してしまいます。

「筋肉痛」を感じることができれば、「負荷」がかかっていると認識できるからだと思います。

 

少し無理をしていると思えるくらいが、ちょうどよい「負荷」のかかり方のように感じております。

逆に、無理をしていると感じなければ、「負荷」がかかっていることはなく、トレーニングとは言えないような気がします。

 

「もう無理!!」と思った後のアクションが、前進させてくれるのではないでしょうか。

何となくやっていると感じることのできない「負荷」は、とても重要なものであると感じております。

筋トレに拘わらず、色々な場面で「負荷」を意識するようにしておりますが。。。

 

「先延ばし癖」

皆が悩まされている悪癖の一つではないだろうか。

先延ばしせずに片付けたいと思いながらも、先延ばしをしてしまう。

 

もしかしたら、この「先延ばし癖」は、「負荷」を掛ける行為を回避しようとする行動からくるものなのかもしれない。

「負荷」がかかるのを「先延ばし」にする。

「負荷」を掛けたくないから、「先延ばし」にする。

「負荷」を避けるためのものでしかないように感じている。

 

少し複雑な作業についても同じような気がしている。

複雑であるのならば、単純な作業に分解することで、複雑さを回避できる。

複数の単純な作業を一つ一つ片付けて行けば良いのだが、一つ一つを片付けない限り、全体の作業を完了させることはできない。

折角小分けにした作業が進まず、全体の作業を完了させることができないのは、何らかの「負荷」を回避しているからなのかもしれない。

小さく分けた作業の中にも、「負荷」と感じさせる要素が含まれているのかもしれない。

 

結局、人間は、無意識に「楽をしたい」と考えているのだろう。

若しくは、「苦しくなりたくない」と考えているのだろう。

いずれにしても、自分自身を強くするためには、「負荷」が必要不可欠である。

 

「負荷」と感じることのない「負荷」は、存在するのだろうか。

「気付いたら、知らない間に「負荷」がかかっていた。」という状況はあり得るのだろうか。

 

筋トレなど、肉体的な問題であれば、多分、あり得ないように思う。

「負荷」をかけた後の身体は、疲れていることを実感している。

 

精神的な問題であれば、あり得るだろうか。

「「負荷」をかけるのが当たり前。」という状況が可能であれば、ある意味、あり得るような気がする。

 

その状況を創り出せるとしたら、「習慣化」のような気がしている。

「習慣化」できるまでは、かなりの「負荷」がかかっているのかもしれないが。

 

この名言により、少し無理をしてみるというスタンスで、様々なことに取り組んでいかなければと思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 整理整頓

    投稿日:2020年12月20日(日)

    今年も残りわずかになりました。 現在、部屋・机上の整理整頓に精を出しております。 この1年で増えたもの、必要がなくなったもの、処分した方が良いと感じたもの、整理の対象となるものをまとめて処分しております。   […]


    本文を読む

  • 北の都

    投稿日:2019年12月16日(月)

    日本に戻ることが決まり、準備を開始。 2004年12月に一度札幌に戻り、両親にもその旨伝えました。 東京の知人や親戚にもお会いしていただき、今後のことを相談したりもしました。   頭の中では、「現在のアメリカに […]


    本文を読む

  • 無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ

    投稿日:2021年04月15日(木)

    「無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ。」 フランスの哲学者 パスカルの格言です。   「蟹は甲羅に似せて穴を掘る。」 人と接する際、必ず意識しております。   人それぞれ、「甲羅」の大きさが違います […]


    本文を読む