もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である

投稿日:2021年05月02日(日)

戦闘力




「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」

ドイツの哲学者 カントの格言です。

 

ゴールデンウィークに入りました。

「去年の今ごろは・・・」

そんなことを考えながら、色々なことが起こった4月を振り返り、しばしの「休息」をと思っております。

連休中にやりたいと思っていることがありますが、世の中に合わせ、少しゆっくりできればという気持ちです。

 

最近、睡眠アプリを使い始めました。

自分の睡眠サイクルについて、今まで考えてたことがありませんでしたが、ふとしたキッカケで、アプリの存在を知り、インストールしました。

 

人間の睡眠サイクルは、90分単位というような話を聞いたことがあります。

その話を信じ、90分x4サイクの「6時間」が、ちょうどよい睡眠時間であると信じておりました。

最近は、「7時間以上の睡眠が必要」という話を耳にしたり、何を信じて良いのかわからなくなったりもしておりますが。。。

 

毎晩、寝る前に行うルーティンがある。

お陰様で、習慣化できたように感じている。

最近は、そのルーティンを終えずにベッドに入ることがなくなった。

 

ルーティンワークを含めて、計画していたことを全て終えた後の「睡眠」は、「もっとも平安な、そして純粋な喜び」を感じることができる気がしている。

「労働をした後の休息」としての「睡眠」は、幸せの極みである。

 

話は変わるが、仕事をしていて思うことがある。

職業、業種に関わらず、「仕事」とは、「人とのキャッチボール」であると考えている。

最近、何となくそんなことを感じてからは、「キャッチボールを円滑に行う」ことに焦点をあてている。

 

「できるだけ速く、できるだけ正確に」

これを意識して仕事をしているつもりではあるが、精度については、自信を持てていないのが残念ではある。

 

「速く、正確に」は、「自分がボールを持っている時間を短くする」ことと解釈している。

相手からのボールを受けてからの「処理速度と確度」が重要ではないだろうか。

 

実際、満足のいく「処理速度と確度」を実感できた後の「休息」から、「もっとも平安な、そして純粋な喜び」を実感できる。

よって、「労働」とは、「処理速度と確度」を突き詰めていくことにように感じている。

 

どんな仕事でも、面白さ、嬉しさ、楽しさ、、、沢山のポジティブな感情を与えてくれる。

「労働」を通して、一つでも多くの「ポジティブな感情」を得ることができれば、その後の「休息」は、「もっとも平安で、純粋な喜び」にしか感じられないような気がしている。

 

この名言により、「労働」についてを、改めて考える良い機会に恵まれたように思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • The secret of success is to・・・

    投稿日:2021年03月24日(水)

    「The secret of success is to make the proper thing good especially. 」 アメリカの実業家 ジョン・ロックフェラーの名言です。   「凡事徹底」 […]


    本文を読む

  • 他人を感動させるには・・・

    投稿日:2020年10月13日(火)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「他人を感動させるには、人と違った気配りを見せることです。」 米国の教育家・牧師の格言です。 この格言からのメッセージを肝に […]


    本文を読む

  • 浩然の気を養う

    投稿日:2019年12月26日(木)

    今年一年を振り返っております。 年始早々、想像すらしていなかった出来事が起こり、幸先よく一年をスタートすることができました。今まで考えていたこと、やってきたことが何だったのかと思わされるくらい、自分自身の生活に変化があり […]


    本文を読む