もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である

投稿日:2021年05月02日(日)

戦闘力




「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」

ドイツの哲学者 カントの格言です。

 

ゴールデンウィークに入りました。

「去年の今ごろは・・・」

そんなことを考えながら、色々なことが起こった4月を振り返り、しばしの「休息」をと思っております。

連休中にやりたいと思っていることがありますが、世の中に合わせ、少しゆっくりできればという気持ちです。

 

最近、睡眠アプリを使い始めました。

自分の睡眠サイクルについて、今まで考えてたことがありませんでしたが、ふとしたキッカケで、アプリの存在を知り、インストールしました。

 

人間の睡眠サイクルは、90分単位というような話を聞いたことがあります。

その話を信じ、90分x4サイクの「6時間」が、ちょうどよい睡眠時間であると信じておりました。

最近は、「7時間以上の睡眠が必要」という話を耳にしたり、何を信じて良いのかわからなくなったりもしておりますが。。。

 

毎晩、寝る前に行うルーティンがある。

お陰様で、習慣化できたように感じている。

最近は、そのルーティンを終えずにベッドに入ることがなくなった。

 

ルーティンワークを含めて、計画していたことを全て終えた後の「睡眠」は、「もっとも平安な、そして純粋な喜び」を感じることができる気がしている。

「労働をした後の休息」としての「睡眠」は、幸せの極みである。

 

話は変わるが、仕事をしていて思うことがある。

職業、業種に関わらず、「仕事」とは、「人とのキャッチボール」であると考えている。

最近、何となくそんなことを感じてからは、「キャッチボールを円滑に行う」ことに焦点をあてている。

 

「できるだけ速く、できるだけ正確に」

これを意識して仕事をしているつもりではあるが、精度については、自信を持てていないのが残念ではある。

 

「速く、正確に」は、「自分がボールを持っている時間を短くする」ことと解釈している。

相手からのボールを受けてからの「処理速度と確度」が重要ではないだろうか。

 

実際、満足のいく「処理速度と確度」を実感できた後の「休息」から、「もっとも平安な、そして純粋な喜び」を実感できる。

よって、「労働」とは、「処理速度と確度」を突き詰めていくことにように感じている。

 

どんな仕事でも、面白さ、嬉しさ、楽しさ、、、沢山のポジティブな感情を与えてくれる。

「労働」を通して、一つでも多くの「ポジティブな感情」を得ることができれば、その後の「休息」は、「もっとも平安で、純粋な喜び」にしか感じられないような気がしている。

 

この名言により、「労働」についてを、改めて考える良い機会に恵まれたように思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • If you believe in it and you…

    投稿日:2020年02月07日(金)

    「それ」を信じ「それ」を確信していれば、失敗のしようがない。   最大手ハンバーガーチェーンの創設者のお言葉です。 最近、一番有難く感じているお言葉です。 ただ、「それ」って何?という疑問を抱いてしまいます。 […]


    本文を読む

  • I am proud to be …

    投稿日:2019年12月08日(日)

    父は、北海道の田舎町で生まれ育ち、高校を卒業して、札幌に出てきました。 裕福な家庭ではありませんでしたが、医者になるべく1浪の末、医学部に合格。 卒業後は、臨床には行かず、大学に残り研究生活を始めました。 経済的な理由で […]


    本文を読む

  • People don’t care about・・・

    投稿日:2021年01月23日(土)

    「People don’t care about what you say, they care about what you build.」 (人はあなたが言うことを気に掛けはしない。あなたが創り出すものを気に掛けるん […]


    本文を読む