障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ

投稿日:2021年05月03日(月)

冒険力




「障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。」

アメリカ合衆国の実業家 ヘンリー・フォードの名言です。

 

目の前に、「階段」と「エスカレーター」両方があった場合、どちらを選択するか。

ほとんどの人が、「エスカレーター」を選ぶという実験結果があると耳にしたことがあります。

 

「階段を上る」ことを「障害」と解釈して良いのかはわかりかねますが、人間、どうしても「楽」な方を選んでしまうものなのでしょう。

 

「目標から目を離す」または、「目を離すべく目標がない」場合は、例外なく、「エスカレーター」を選択するのだと思います。

「苦」を選んでまで、「階段を上ろう」とは考えないのだと思います。

 

「階段」か「エスカレーター」かの問題は、大きなものではないと考えます。

それでも、この大きなものではない問題が、色々な意味で大きな違いを生み出すような気がしておりますが。。。

 

地下鉄を降り、改札を目指す過程で、「階段」と「エスカレーター」どちらを使うかの選択を迫られる。

エスカレーターを選択している人たちが、列を作っている。

逆に、階段は、並ぶことなく上ることができる。

待ってまでエレベーターを使おうとは思わず、階段を選択する。

比較的スムーズに改札まで辿り着くことができる。

 

この一連の流れを考える際、「目標」の有無が関係しているような気がしている。

「急いでいるから、空いている階段を使おう。」

「カロリー消費を考えたら、階段以外の選択肢はない。」

何か目的があると、「苦」に思える「階段」を「楽」に選択できるような気がする。

 

エスカレーターを選択する人たちに「目標」はあるのだろうか。

何となく、流れに沿って、流れに身を任せ、「エスカレーター」を選択しているような気がする。

「楽」を選ぶことにより、後から訪れるのが、「障害」ではないだろうか。

関節炎、肥満、色々な「障害」が起こり得る。

 

「障害」とは、目の前で起こる出来事に対して用いる単語なのだろうか。

エレベーターの話は、あくまでも一例と考えているだけだが、障害とは、後からやってくるもののような気がしている。

 

「障害」とは、目標を持たないことなのではないだろうか。

仮に、目標を持っていたとしても、その目標は、目を離した瞬間、目標ではなくなる。

目標をしっかりと定めた上で、事に臨むことができる限り、「障害」とは無縁のような気がする。

身の回りで起こる全てのことを、「目標達成のために必要なこと」と捉えることができると考えるが故である。

 

「障害」とは、「目標がない」ことなのではないかと思わされた。

この名言により、どのような状況であっても、自分の定めた「目標」だけは、忘れないように心掛けなければと思わされた。

 

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 仕事場環境

    投稿日:2020年02月27日(木)

    基本的に、僕は事務所で仕事をしております。 80cmx80cmの正方形のテーブルを使って作業をしております。 手前に資料などを置けるスペースを確保し、その少し奥の方にノートパソコンを置いて作業しております。 パソコンを使 […]


    本文を読む

  • 歴史と他人

    投稿日:2020年01月21日(火)

    「主観的な成功は自己満足。客観的な成功は歴史と他人が決める。」   1月18日(土)の「潜在意識」という記事に対していただいたコメントです。 コメントをいただきました旨、この場をお借りして、御礼申し上げます。 […]


    本文を読む

  • あらゆることは、・・・

    投稿日:2021年01月14日(木)

    「あらゆることは、すでにほとんど人によって考えつくされている。しかし大事なことは、それを自分で考えてみることである。」 ドイツの詩人 ゲーテの格言です。   ITを活用することにより、様々なサービス提供が容易に […]


    本文を読む