I am proud to be …

投稿日:2019年12月08日(日)

戦闘力




父は、北海道の田舎町で生まれ育ち、高校を卒業して、札幌に出てきました。

裕福な家庭ではありませんでしたが、医者になるべく1浪の末、医学部に合格。

卒業後は、臨床には行かず、大学に残り研究生活を始めました。

経済的な理由で、大学院へ進む道は、諦めたそうです。

 

当時の大学の研究者は、「留学」をする場合、自分の大学の講座と関係のある海外の大学に1,2年行くのが普通だったようですが、父は、直接な人脈により、カルフォルニア大学に3年間、「客員教授」という肩書きで、留学しておりました。

 

肺の研究をしていたことは聞いておりますが、詳しい話は理解できておりません。。。

「俺が、この研究をしなければ、世の中が大変なことになる!」という気持ちで、寝食を忘れて研究に没頭していたそうです。勘違いだとしても、「使命感」を持って仕事が出来ることは、本当に幸せなことであると、最近、切に感じます。

 

僕が生まれたのは、ロサンゼルス留学中の1975年11月5日。

その後、2年ほどで日本に戻ります。

父はしばらく、研究者を続けておりましたが、40歳を過ぎた頃、臨床に移りました。

勤務医を経て、診療所を開院したのが、僕が中校生くらいの頃です。

 

2年前、診療所を閉めて、現在は別の病院で第3の人生を謳歌しております。

のんびりとした環境で、楽しく仕事ができているようです。

 

僕は、アメリカで生まれているため、アメリカ国籍を持っております。

そのことを知ったのは、小学校高学年になってからでした。

将来アメリカへ留学することは、生まれた瞬間から決まっていたのかもしれません。

 

ただ、アメリカで生まれたことだけの理由で、留学できるとは限らず、親が、「教育」に関して肯定的だったことや、経済的なこと、色々な要素が必要になります。

 

今に至るまで、自分の力で獲得してきたものは、少なからずあると自負しておりますが、それらが、与えられた環境の中で得たものなのであれば、本当に自分の力で得たものなのか、疑問に思ったりします。

最近になって気付かされたことですが、「銀のスプーンをくわえて生まれる。」以上に「恵まれた環境」を与えてもらいました。

恵まれた環境で育った人間が、今後どのように生きていくのか、試されているように感じております。

美しい心を持ち、夢を抱いて、まっすぐ前を見て進み続けたい一心です。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 3年前を振り返って

    投稿日:2020年08月24日(月)

    毎朝届く複数のメルマガの中に、とても参考になる内容がありました。 「SNSなどを活用して、情報を発信していくこと。」 の重要性をまとめた内容でした。   ほとんどの人が、悩んでいるのだと思います。 「何かを発信 […]


    本文を読む

  • 母親こそ、真の意味で・・・

    投稿日:2021年03月28日(日)

    「母親こそ、真の意味での教師」 アメリカの司会者 オプラ・ウィンフリーの名言です。   「父は、敬の的。母は、愛の座。」 あるセミナーでこの格言を知りました。 自分も、息子の父親として、「敬の的」であれるように […]


    本文を読む

  • LOVE SONG

    投稿日:2019年12月09日(月)

    音楽に興味を持ち始めたのは、中学校に入学してからです。   ある時、何となくテレビを見ているときに流れた曲に魅了されました。 タイトルもアーティストもわからず、調べる術もなく。 当時全盛だった音楽番組を見ては、 […]


    本文を読む