進化するときっていうのは・・・

投稿日:2021年02月02日(火)

表顕力




「進化するときっていうのは、カタチはあんまり変わらない。だけど、見えないところが変わっている。それがほんとの進化じゃないですかね。」

元メジャーリーガー イチロー氏の格言です。

 

毎日のルーティンワークをしっかりと片付ける生活が続いております。

内容によっては、単調なものも含まれており、不安に似た感情を抱くこともあります。

「こんなこと続けていてよいのだろうか?」

不安な気持ちから、続けることを躊躇ってしまうこともあります。

 

「この世界で継続ほど価値のあるものはない。」

アメリカの実業家 レイ・クロック氏の格言を思い出し、継続することを継続していこうという気持ちに変えるようにしております。

 

ときに、カタチとして進化を感じることができるときがあります。

ある程度の時間の経過によって、明らかに「進化」といえる変化を感じる場合があるように感じておりますが。。。

 

皆、何かを始めることによって、何らかの結果が出るまでには、ある程度の時間が必要であることは、理解している。

多分、結果が出るまでの時間を長く感じてしまうことが、途中で諦めてしまったりする理由の一つなのではないだろうか。

 

「即効性」を求めている訳ではないが、短時間で目に見える結果を得たいと考えてしまう。

「何らかの良い結果を得ることができる!」

と、愚直に信じてみたところで、やはり、良い結果を形として実感したいと思ってしまう。

 

仮に、結果を出すまでに半年かかるようなことを始めた場合、半年間、何も考えずに続けることは不可能である。

そもそも、半年で結果が出るという想定自体が、即効性を求めているという行為に似ている。

 

「カタチが変わらないのであれば、無理矢理カタチを作ってはどうだろう?」

何処かのタイミングで、そんなことを思った。

 

「今やっていることは、意味のあることなのだろうか?」

そんな疑問を抱いたとき、必ずこう考えることにしている。

「この作業によって、このような能力を磨くことができる。」

「この作業を通して、新しいこと、知らなかったことを知ることができる。」

「この作業は、頭では感じることのできなかったことを得るためのものだったのだ。」

 

そんなポジティブな気持ちは、その作業を継続するためのモティベーションになったりもする。

 

見えないところで、色々な変化が起こったとき、見えるところでも、何らかの変化を感じることができるという確信がある。

ほとんどの「見えるところでの変化」は、傍から見て感じるもののように感じているが。

 

自分自身では、あんまり変わらないと感じているカタチは、傍から見たとき、明らかに変わっているものなのではないだろうか。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • イラスト

    投稿日:2020年09月14日(月)

    現在進めているホームページ更新作業。 あることに気が付きました。 「今まで、どうして気が付かなかったのだろう。。。」という気付きでした。   その気付きに至るまでに、沢山の気付きがありました。 それは、文章を書 […]


    本文を読む

  • 検索順位

    投稿日:2020年09月26日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   メディアプラットフォームへの投稿を始めてから1ヶ月が経ちました。 不定期での投稿ですので、充実したコンテンツとは言える内容で […]


    本文を読む

  • 運命の中に偶然は・・・

    投稿日:2021年01月16日(土)

    「運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う以前に、自分がそれをつくっているのだ。」 アメリカの政治家 ウッドロー・ウィルソンの格言です。   意識しているわけではありませんが、最近、この格言に似たようなこと […]


    本文を読む