Quality Assurance

投稿日:2019年12月11日(水)
冒険力


仕事を探し始めたのは、結局2001年、同時多発テロより前のことだったと思います。

 

まずは、キャンパス内で、アルバイトを探しました。

掲示板に求人募集があれば、メールで連絡をし、

「その件については、○○○へ連絡してください。」

○○○に連絡をすると、

「その件については、△△△に連絡してください。」

こんな感じで、たらい回しが続きました。

 

アメリカの大学院は、フルタイムで働いている社会人の普通に授業を受けております。

働きながら学校に通っている友人も少なからずいたので、彼らに相談をしました。

 

ある日、友人の一人、スティーブンから連絡がありました。

彼が勤めている会社でインターンシップを募集しているとのことで、早速、履歴書を送りました。

 

初めての電話面接でした。

担当者の方と20分ほどお話をしました。

自分の経歴、現在の専攻やどのようなスキルがあるか・・・僕の方から伝える作業が殆どでしたが、終わりごろ、担当者からいくつか質問がありました。

 

YESかNOで答えられる質問と、説明が必要な質問でしたが、最後の質問が聞き取れず、何度か聞き直しました。

何とか答えたつもりでしたが、手応えを感じることなく、面接は終了。

 

後日、友人から連絡がありました。

結果は、不採用。

経験の問題もありましたが、やはり、最後の質問で何度か聞き直したことが。。。

 

「日本でできることを、アメリカでするつもりはない。アメリカでしかできないことをする!」

仕事を探す際、このような気持ちでした。

プログラミングのポジションを探しておりましたが、最優先したのは、上の気持ちでした。

とにかく、アメリカで生きていくために、アメリカで経験を積みたいという一心でしたが、思うようにことは進まず。。。

 

途中、投げやりになっていた時期もありました。

ネットでジョブサーチのサイトに登録したり、企業のオフィシャルサイトで履歴書を送ったり。。。

色々なことをしている間に、日系企業からの面接のお話がありました。

大手製造業のグループ会社として、親会社のシステム開発を行う会社でした。

本意ではありませんでしたが、折角の機会でしたので、面接を受けに行ってきました。

そこは、完全に日本でした。

面接も日本語で行われました。何ら目新しいことはなく。。

当然ですが、不採用でした。

 

インターンシップのポジションを探しておりましたが、今でいうスタートアップの会社の面接を受けた時のことです。

「給料は支払えないが、株式を譲渡するので、働いてほしい。」という会社でした。

僕は、経験を得るために仕事を探していたのですが、投資家のようなことはするつもりもなく。

その話を承諾していれば、働けたのかもしれませんが、お断りました。

 

結局、日本語ができるという「強み」を活かすしかないと半ば諦め、多言語対応のシステムを開発している会社で、Quality Assurance(クオリティ・アシュランス)のポジションの面接を受けました。

 

QAとは、開発中のシステムに不具合がないかなど、品質を管理する仕事なのですが、プログラミングのスキルが欲しかったので、別の会社が見つかるまで。。。という気持ちで、働き始めました。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む