Quality Assurance

投稿日:2019年12月11日(水)

冒険力




仕事を探し始めたのは、結局2001年、同時多発テロより前のことだったと思います。

 

まずは、キャンパス内で、アルバイトを探しました。

掲示板に求人募集があれば、メールで連絡をし、

「その件については、○○○へ連絡してください。」

○○○に連絡をすると、

「その件については、△△△に連絡してください。」

こんな感じで、たらい回しが続きました。

 

アメリカの大学院は、フルタイムで働いている社会人の普通に授業を受けております。

働きながら学校に通っている友人も少なからずいたので、彼らに相談をしました。

 

ある日、友人の一人、スティーブンから連絡がありました。

彼が勤めている会社でインターンシップを募集しているとのことで、早速、履歴書を送りました。

 

初めての電話面接でした。

担当者の方と20分ほどお話をしました。

自分の経歴、現在の専攻やどのようなスキルがあるか・・・僕の方から伝える作業が殆どでしたが、終わりごろ、担当者からいくつか質問がありました。

 

YESかNOで答えられる質問と、説明が必要な質問でしたが、最後の質問が聞き取れず、何度か聞き直しました。

何とか答えたつもりでしたが、手応えを感じることなく、面接は終了。

 

後日、友人から連絡がありました。

結果は、不採用。

経験の問題もありましたが、やはり、最後の質問で何度か聞き直したことが。。。

 

「日本でできることを、アメリカでするつもりはない。アメリカでしかできないことをする!」

仕事を探す際、このような気持ちでした。

プログラミングのポジションを探しておりましたが、最優先したのは、上の気持ちでした。

とにかく、アメリカで生きていくために、アメリカで経験を積みたいという一心でしたが、思うようにことは進まず。。。

 

途中、投げやりになっていた時期もありました。

ネットでジョブサーチのサイトに登録したり、企業のオフィシャルサイトで履歴書を送ったり。。。

色々なことをしている間に、日系企業からの面接のお話がありました。

大手製造業のグループ会社として、親会社のシステム開発を行う会社でした。

本意ではありませんでしたが、折角の機会でしたので、面接を受けに行ってきました。

そこは、完全に日本でした。

面接も日本語で行われました。何ら目新しいことはなく。。

当然ですが、不採用でした。

 

インターンシップのポジションを探しておりましたが、今でいうスタートアップの会社の面接を受けた時のことです。

「給料は支払えないが、株式を譲渡するので、働いてほしい。」という会社でした。

僕は、経験を得るために仕事を探していたのですが、投資家のようなことはするつもりもなく。

その話を承諾していれば、働けたのかもしれませんが、お断りました。

 

結局、日本語ができるという「強み」を活かすしかないと半ば諦め、多言語対応のシステムを開発している会社で、Quality Assurance(クオリティ・アシュランス)のポジションの面接を受けました。

 

QAとは、開発中のシステムに不具合がないかなど、品質を管理する仕事なのですが、プログラミングのスキルが欲しかったので、別の会社が見つかるまで。。。という気持ちで、働き始めました。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 考える時間

    投稿日:2020年02月17日(月)

    毎朝、起床後の30分を「考える時間」に当てています。 前の日の就寝前、その「考える時間」に考えることを決めることにしております。   考えることのほとんどが、「仕事」のことです。 が、「仕事」のことと言っても、 […]


    本文を読む

  • You are what you・・・

    投稿日:2021年03月25日(木)

    「You are what you do, not what you say you’ll do. 」 スイスの心理学者 カール・グスタフ・ユングの名言です。   巷間、「言行不一致」で溢れております。 感覚的 […]


    本文を読む

  • 一事が万事

    投稿日:2020年07月21日(火)

    「気を付けよう。一事が万事だから。」 などのように、今まで、あまり良い意味で使用していませんでした。 「一事が万事。緊張感を持って行こう。」というように活用していた気もします。 が、必ずしも悪い意味ではなく、良い意味で活 […]


    本文を読む