HARD WORK!!

投稿日:2020年05月18日(月)

戦闘力




多様化する世の中で、唯一画一的なものがあります。

「時間」です。

誰にも平等に与えられているものです。

これを否定する余地はないと確信しております。

画一的な「時間」の使い方については、多様的。

人により、使い方、扱い方、捉え方、、様々な違いがあるのでしょう。

有意義な「時間」の使い方の模索に、腐心する毎日を送っております。

 

「これお願いします。」

誰かに何かを頼まれることがある。

頼まれた内容によるのだろうか。

すぐに対応することもあれば、

「後でやっておきます。」

と、先延ばすことも。

 

一見、時間がかかりそうな、手間が掛かりそうなお願いも、やってみたら、そんなに難しい内容ではなかったことに気付くことがある。

それでも、頼まれた内容の勝手なイメージや、その時の気分により、意味のない解釈をしてしまう。

先延ばしにより、その後に起こり得る「チャンス」に似た出来事に遭遇する機会を損失する場合がある。

 

頼まれごとに限らず、片付けないければいけない作業全般に言えることだと思う。

あの時片付けておけばよかった。。。

気が付いたら、片付けなければいけないことが溜まっていた。。。

頻繁に起こってはいけないことが、頻繁に起こる。

その時に襲ってくるのは、「後悔」という気持ちではなく、「焦り」の気持ちのみ。

 

「絶望的な状況はない。人が状況に対して絶望的になるだけだ。」

絶望的な感情が、「絶望的な状況」を生み出す。

 

何とかその状況を打破、クリアしたとしても、それは、ただ帳尻を合わせただけのことが多い。

次に繋げるための「反省会」を催すことは、レアケース。

よって、同じことを繰り返してしまう傾向に陥る。

 

「Done is better than perfect.」

完璧を目指すよりまず終わらせろ。

先延ばしをする理由に、「完璧」を目指している節はないだろうか?

「完璧」を目指す故、初動を躊躇ってしまうのではないだろうか?

 

誰にとっても限られた時間。

少し「時間」をかけながら、価値ある貴重な「時間」の活用の仕方を考えて行こうと思う。

 

考えるための「時間」は、無駄なのだろうか?

考えることではなく、すぐに動くことが、「時間」を有効活用することなのかもしれない。

無駄なことを考える余地を与えないためにも、「今」に集中していこうと思う。

「HARD WORK」は、色々な無駄を省くための「王道」なのかもしれない。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • コンプレックス

    投稿日:2020年02月28日(金)

    「BE MY BABY」 を連想してしまいますが、それとは、全く別の内容です。   世界的にご活躍されているサッカー選手が、起業家、投資家としてもアクティブに活動されていることが、ある雑誌の記事で紹介されており […]


    本文を読む

  • 障害がおそろしいものに見えるのは・・・

    投稿日:2020年10月24日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。」 アメリカ合衆国の実業家 ヘンリー・フォードの格言です。 &nb […]


    本文を読む

  • 自分の心と直感に従う

    投稿日:2020年01月14日(火)

    2005年。 僕が、日本の戻った年です。 その頃は、全く気にも留めておりませんでした。 今考えると、余裕がなかっただけなのかもしれません。   スタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズ氏のスピーチは、この年、 […]


    本文を読む