政令指定都市

投稿日:2019年12月17日(火)

分解力




実家を離れたい一心で、東京の大学を志望しておりましたが、成就せず、札幌で大学4年間を過ごすことになりました。が、東京への想いは消えていませんでした。

友人が、東京の大学に通っていたこともあり、夏休みなどに東京に遊びに行く機会に恵まれました。

 

羽田空港からモノレールに乗り、外の景色を眺めながら、東京に対する「憧れ」と「恐怖」の2つを感じていたことを覚えております。

「東京で暮らしてみたいなぁ。。。」という気持ちと「自分は、東京で働けるのだろうか?」という気持ちと。

学生時代に感じた想いですが、最近、上京する際、その時に感じていたことを思い出したりします。

当時の東京に対する印象は、

・東京の人は、歩くのが早い

・東京は、エリートが集まるところ

・地方大学出身者には、縁のないところ

という感じで、ネガティブな感情からくる印象でした。

 

札幌に戻ってからも、学生時代の印象のまま「東京」を捉えておりました。

まがりなりにも、海外で修士課程を修了し、勤務経験まであるにも関わらず、学生時代のままの感覚でした。

 

就職をしていたとしたら間違いなく東京でしたが、あくまでも勤めるという前提でしたので、自営で何かを始める場合、全く別の話として考えていたようにも思えます。

 

今考えるとですが、札幌に戻って1年ほどしてから、どんどんネガティブな方へ進み始めていました。

 

ある時、「刺激」がないことに気付きました。

自分のやりたいことは、全く出来ていませんでしたし、話していて楽しいと思える人間関係もほぼ皆無でした。

「地方都市だからだろうか。。」と思った時、「いいや。札幌は政令指定都市だから、他の地方都市とは違うよ!!」と言い聞かせていました。

だた、東京に行って新しいことに挑戦しようというような気持ちもなく、「今更東京に行っても。。。」という感覚だったように思います。

 

この間、仕事はしておりましたが、大きな仕事に恵まれるわけではなく、平々凡々と過ごしていた記憶だけが残っております。

 

良い流れに変わったわけでありませんが、何となく仕事をしている実感が湧き始めたのは、2年目が過ぎてからだと思います。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 今いるところで、今持っているもので、あなたが出来ることをやりなさい

    投稿日:2021年04月05日(月)

    「今いるところで、今持っているもので、あなたが出来ることをやりなさい。」 アメリカの歴代大統領 セオドア・ルーズベルトの名言です。   人は皆、理想とする自分をイメージします。 その理想と現実の違いに落胆してし […]


    本文を読む

  • A man who dares to ・・・

    投稿日:2021年01月19日(火)

    「A man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life.」 「一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値を見出し […]


    本文を読む

  • 木鶏

    投稿日:2020年02月13日(木)

    一切皆苦の世の中を   八風吹けども動ずることなく   焦心苦慮することなく   一念不動を心掛け   自若として泰然を貫き   時に淡然と構え   心は常に明 […]


    本文を読む