この世界で、継続ほど価値のあるものはない

投稿日:2021年04月09日(金)

冒険力




「この世界で、継続ほど価値のあるものはない。」

アメリカの実業家 レイ・クロックの格言です。

 

どんな小さなことでも、継続することは、簡単ではないと感じております。

「続けるぞ!!」

と決意して始めたことも、

「今日はいいか。。。」

「明日、今日の分をやれば良いな。。。」

「最近、忙しいから。。。」

続けるのは、やると決めたことではなく、言い訳に変わってく感じでしょうか。

 

継続させる上で、重要なのは、「アリバイ工作」的な作業ではないかと考えております。

「やると決めたことをやりました。」

という既成事実を作っていくことで、習慣化していくような気がしております。

やると決めたことが、「やって当たり前」、「やらなきゃ気持ちが悪い」という感覚になってから、やることの内容を意識し始めるのではないでしょうか。

 

「やって当たり前」のことは、無意識のうちに継続できていると考えておりますが。。。

 

テレビ通販番組などを見ていても、「すぐに効果が出ます!!」というニュアンスで、宣伝をしている商品が少なくないような気がする。

「ビフォーアフター」により、どのように変化しているのかを表現したりしている。

 

間違いなく、変わるのだと思う。

それでも、間違いなく、即効性はないのだと思う。

それでも、即効性を求めて、商品を購入するのだと思う。

 

肉体的、精神的両方に負担がかからない方法で、様々なことを変えていきたいと思っている。

多分、世の中は、違うのだろう。

肉体的、精神的両方に「楽」な方法で、様々なことを「すぐに」変えたいのだろう。

 

そんなスタンスで、ものを見ていると、「面白い」と思えることが沢山ある。

企業のウェブサイトを見ていてもそう思う。

世の中の感覚に合わせて、内容をまとめているのだと思う。

 

「この商品を使うと、このようなメリットがあります。」

実際に使用しているユーザの感想を載せて、メリットを強調したりしている。

実際に使用しているユーザの環境と自分の環境が、全く同じであることはあり得ない。

それでも、「他が使ってメリットがあるのであれば。。。」という軽い気持ちなのだろうか、即効性を求めて購入するのかもしれない。

 

すぐに効果が出る商品で溢れているのであれば、世の中、困った人は皆無な筈。

しかし、そうではない。

皆、「ユーザの困りごとを解決するため」という大義名分により、経済活動を続けているのが、わかりやすい理由ではないだろうか。

 

「何をするにしても、続ける必要がある。」ことを謳う必要があるような気がしている。

特に健康関連の商品であれば、間違いなく「継続」が必須条件となる。

多分、効果が出たユーザの声は、「継続」した結果なのだと思う。

 

この名言により、「続ける」ことの難しさを、改めて実感させられた気がしている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 私は決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ

    投稿日:2021年04月13日(火)

    「私は決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   「昨晩、眠れずに失望と戦った。」 「失望」という単語を耳にすると、必ず思い出す楽曲のフレーズで […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 論理的思考

    投稿日:2020年03月09日(月)

    大学卒業後、「学者」として仕事をしていた「父親」の影響が強いと考えております。 「門前の小僧習わぬ経を読む」 父親の「論理的な思考方法」は、僕にとって、「習わぬ経」だったとの確信があります。   父は、北海道の […]


    本文を読む

  • 逆張り

    投稿日:2020年01月06日(月)

    幼少期から、誰が決めたかわからないことを「常識」と教えられ、そう思いながら生きてきました。 よくわからない「常識」を何ら疑問に思うことなく、本来疑問を持たなければいけないことに疑問を抱くこともなく。。。 常識とは何か。哲 […]


    本文を読む