代表的ロールモデル(1)

投稿日:2019年12月29日(日)
冒険力


ロールモデルとして憧れている沢山の方々から、書籍などを通して勉強させていただいております。その中から、最も影響を受けた5名の方々。

内村鑑三先生に対する敬意の意味のみで、記事のタイトルとしました。

失礼をご海容いただければ幸いです。

 

昨年、「人生の棚卸」にかなりの時間を割きました。

結局、多感な時期であった中学、高校時代の自分から、沢山のヒントを貰いました。

今に至るまで、憧れを抱いた尊敬すべき方々から、色々な意味で影響を受けて来ております。

棚卸をすることで、「そういえば、この頃は・・・」という感じで記憶が蘇りました。

 

最近、過去の点と点を結ぶことが、マイブームとなっております。

いつものように、線を作ろうと、色々な点を集めては、繋げるべく試みをしております。時々、何の違和感もなく繋がり、線になったり、場合によっては、面になることがあります。

 

1975年前後生まれの世代には、実感がないと思いますが、1976年、アメリカの航空機メーカーと日本の政界、財界の癒着による事件が起こりました。

僕がその事件を知ったのは、中学校の頃だったと思います。

キッカケは、時の首相が関係した事件ということでしたが、事件に関係する本を読んでいくうちに、ある実業家に興味を持ちました。

 

戦後、進駐軍を相手に商売で成功し、輸入車の代理店、最終的には、ホテル、鉄道、空輸にまで影響力を持った方です。

 

平成を待たずに他界されたことも含めて、昭和を代表する方でした。

最近、改めて、氏に関する本を読んでみました。

情に厚い方というか、人心収攬に長けた方という印象を受けました。

 

「春闘」など、労働者による運動が盛んな時代でしたが、氏の会社では、経営側と組合が対立することはなく、ストライキなども起こらなかったとのことです。

岩手の花巻温泉も、一時期、氏の資本が入り、華やかな時代があったそうです。

(今は、どのような状況か、わかりかねますが。。。)

 

航空機の受注を巡る事件の証人喚問で、国会に召集されました。

「記憶にございません。」が流行語となりました。

 

このような話を知っている人が、僕の周りに居ませんでした。

「生まれて間もなくの頃の話なので、知らない。知らなくてよい。」という理屈が通るのであれば、歴史を勉強する必要はないと考えます。

 

「教養」を身に付ける意味で、この世に知らなくてよいことは、一つもないと確信しております。当時、周りに知っている人が殆どいなかったにも拘らず、ちょっとしたキッカケで、本を読むに至り、氏の存在を知ることができたことを嬉しく思っております。

「不易流行」が教えてくれているように、昭和、平成、令和、時代が変わっても、普遍のものがあります。

これからの人生、氏への感謝の気持ちを胸に、氏を見習って精進を続けて参ります。

 

本日の記事、国際興業グループ 小佐野賢治社主(当時)に捧げます。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む