代表的ロールモデル(2)

投稿日:2019年12月30日(月)
戦闘力


ひと昔前のアメリカでは、禁酒法という法律がありました。

その法律により、利益を上げた人たちがいました。

その後、彼らの中に金融市場にて、莫大な財産を築いた人がいます。

「市場で儲けるのは簡単だ。法律で禁止されそうなことを、法律で禁止される前にやればよいのだ。」という名言を残し、のちに外交官としてもご活躍されました。

氏のご尊父です。

 

「Don’t expect life to be fair.(世の中、公平だと思うな)」

氏は、そんなご尊父からの教育を受けました。

第2次世界大戦により戦死した兄上に代わり、政治家を目指します。

銀のスプーンをくわえて生まれた故、育ちもよく、成績も優秀で、ハンサムで。。。非の打ち所のない人物でした。

 

三権の長を目指し、選挙に出馬します。

その時の選挙で初めて、テレビ討論会が行われました。

若きリーダーのテレビ映りが、選挙の勝敗を決めたと言われたりもしています。

 

ノーマ・ジーンが、氏の誕生会にて、「Happy Birthday」を歌ったことは、あまりにも有名な話です。

共産国との対立により、再び核の脅威に晒されそうになったこともありました。

月を目指してのチャレンジもありました。

氏の人気は、今でも絶大なるものですが、評価となると良くも悪くもなのかもしれません。志半ば、オズワルドにより。。。

 

僕が渡米した1999年、氏のご子息が、飛行機事故により他界しました。

ご子息は、ニューヨーク大学ロースクールを卒業し、弁護士を目指します。

比較的簡単に合格できると言われている司法試験に何度か不合格になりました。

メディアは、「頭が悪い!!」というような表現を使っておりましたが、僕はその時、このように感じておりました。

「弁護士が必要であれば、優秀な弁護士をお金で雇える立場の人間が、わざわざ弁護士になる必要があるのだろうか?必然性のない司法試験のために、勉強をする必要もなく、受かるものも受からなくて当然では?そうであれば、頭の良し悪しの問題なのだろうか??」

そんなことを思っていたことを思い出しました。

 

氏の話に戻します。

氏は、生まれも、育ちも、受けた教育も、容姿も申し分なく、氏を羨ましく感じていたことを覚えております。こんな家に生まれていれば。。。こんな容姿であれば。。。なんてことを考えたこともありました。

 

お陰様で、そのようなことは、何の意味もないことに気付くことができました。

あまり有名ではない氏のエピソードもたくさんあります。

僕自身、それらから、沢山の学びことができました。

見習うべき要素が、沢山ありました。

まずは、わかり易いところから、氏のヘアスタイルを真似てみようと思っております。(笑)

 

今後も、氏への憧れの気持ちを大切にしながら、氏のような人物を目指して、精進を続けて参りたい。そんな気持ちが、僕の胸中にあります。

 

本日の記事、第35代アメリカ合衆国大統領 ジョン・F・ケネディー氏に捧げます。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む