Singleness of purpose is one of the・・・

投稿日:2021年02月17日(水)

冒険力




「Singleness of purpose is one of the chief essentials for success in life, no matter what may be one’s aim. 」

アメリカの実業家 ロックフェラーの名言です。

 

色々なことを進めて行くと、色々なやりたいことが派生的に増えていくものです。

あれもこれもは、不可能ですので、やりたいことを絞っていく作業が必要になります。

 

その時々の心境の変化により、やりたいことのプライオリティーが変わったりもします。

半年前、夢中になっていたことが、今はそうでもなかったり。

逆に、今は全く興味がないことに、半年後、夢中になっているのかもしれません。

 

いずれにしても一つに絞った目的のために必要かどうかの精査が必要な気がしておりますが。。。





一昔前までは、特に目的を定めることなく、生活していた。

「自分には無理だろう。。。」

というような諦めが、そうさせていたように思う。

 

無理かどうかは、考えないことにしてからは、ハッキリとした目的を定めることができた。

目的がなければ、何もできないことにも気づいた。

 

目的は、何でも良いのだと思う。

人を気付つけるような目的でなければ、何でも良いのだと思う。

 

周りの目を気にしてではなく、自分がどうしたいかのみを考えると、ピュアな目的が湧いてくる。

その目的を成就させ得るために必要なことは、好き嫌いなどは考えずに、やってみた。

 

実際にやってみると、色々なことを感じる。

食わず嫌いだっと思わされることも多々あった。

 

最初のころは、始めてみたいと思ったことを色々と始めてみた。

途中、消化不良に陥り、「やること」と「やらないこと」を整理し、目的に沿っていないことは、捨てることにした。

「少しの間だとしても、やったことは、何らかのプラスになっている。」

そんな風に軽く考えて、「やめること」を増やしていった。

 

お陰様で、諸々整理することができ、無理なく生活できている。

「やらなきゃいけない。」

そのような強迫観念は、皆無。

 

今後も、やりたいことが増えていくと思う。

その都度、やらないことを決めながら、やりたいことをやってみようと思っている。

 

この名言により、これから始めようとしていることは、自分の目的を達成するために必要かどうかをしっかりと確認した上で、始めて行こうと思わされた。

 

(目的をひとつに絞ることは人生における成功のための主要な必須要件のひとつだ。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 自然災害

    投稿日:2020年09月24日(木)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   大型台風上陸が、各方面に様々な影響を与えているようです。 早い段階で運休を決めている公共の交通機関も少なくないようで、そ […]


    本文を読む

  • 作用・反作用の法則

    投稿日:2020年08月19日(水)

    「ニュートンの法則」とも言われております。 全ての作用はそれと同等の反作用を伴うという法則です。 自分から発信する作用は、相手から発信される同等の反作用を伴うのでしょう。   視点・観点を変え、俯瞰して見ること […]


    本文を読む

  • 執着心

    投稿日:2020年10月03日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   手放してきたはずの「執着心」が、自分の中に、未だに存在しているように感じることがあります。 多分、その執着は、モノに対してで […]


    本文を読む