You’ve just become more of yourself.

投稿日:2020年02月04日(火)

表顕力




アメリカのトーク番組司会者で、番組プロデューサーでもある方が、スタンフォード大学の卒業式にて、スピーチを行いました。

そのスピーチの中で、

「あなたは、より自分らしくなったのよ。」

と知人に言われたことをお話しされていました。

 

「あぁ。。。自分らしくかぁ。。。なるほど。。。」

と思うと同時に、

「ところで、僕は自分らしいのだろうか?」

「ところで、自分ってどういう人?」

「ところで、自分は何処を目指してるの?」

「ところで、、ところで、、」

と、自問の応酬が始まりました。

 

考えることもなかったことを考える「キッカケ」となったスピーチでした。

2008年のスピーチです。

僕は、それを10年経って初めて拝聴したことになります。

 

コンサルタントの先生のセッションの中で、「人生の棚卸」を行いました。

棚卸のためにやることをメールで知らされたのですが、

「書きたくないことは、書かなくて結構です。」

という一文が、今でも忘れられません。。。

 

「ん?書きたくないことこそ、書かなければいけないのでは???」

と思い、意味があるなし、必要があるなしは関係なく、当時のことを思い出し、全てを書き出しました。

忘れていることもあるように思いますが、思い出せる全てを書き出しました。

当時のことを思い出すことで、「過去の自分」から、色々なことを気付かせてもらいました。

 

「Connecting the dots.」

過去の出来事を「点」として拾い、それらを線として繋げていきました。

 

「線」として繋げる過程で、少しずつ、「自分らしさ」が見えてきました。

自分の長所、短所を、他との相対的なものとしてではなく、絶対的なものとして、まとめ上げました。

 

まとめたリストを眺めながら、

「了解。僕は、こんな感じですね。」

それからは、自分に必要のないモノ、コトなどの整理を行うことにしました。

自分らしさを保ち、自分らしく生きていくためです。

 

伝説のバンドのボーカリストで、解散後、ソロとしてもご活躍されたロサンゼルス在住のアーティストを真似て、動画配信サイトでライブ映像を見ながら、何曲かを「完コピ」したことがあります。

 

「魅力的なアーティストを完璧に真似できれば、魅力的になれるのではないか。」

本気でそう思い、「完コピ」を試みました。

 

カラオケボックスなどで、実際やってみての感想です。

「完コピ」は、ほぼ完璧でした。

が、そのアーティストのような魅力的なものを感じることはできませんでした。

 

そのアーティストが魅力的に映るのは、そのアーティストが「自分らしく」演じているからなのだ。

今となっては、魅力的に感じなかった原因を、「自分らしさ」で説明できるように思います。

 

最近は、直感や心の声が教えてくれることは、全て「自分らしい」か否かであるように感じております。

 

何かアクションを起こす時、何ら躊躇することなく、迷うことなく決断できるものであれば、それは、「自分らしい」方向へ進むためのアクションとして解釈して良いのでは。。。と思うことにしました。

 

その決断によって、結果がどうなるかは、また別の話だと思いますが。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。
最近の投稿記事
  • ものごとを正しく見る・・・

    投稿日:2021年03月23日(火)

    「ものごとを正しく見るには、たった一つのやり方しかない。ものごとの全体を見ることだ」 イギリスの美術評論家 ジョン・ラスキンの名言です。   「木を見て森を見ず」 人間、目先のことに集中してしまうものです。 何 […]


    本文を読む

  • 木鶏

    投稿日:2020年02月13日(木)

    一切皆苦の世の中を   八風吹けども動ずることなく   焦心苦慮することなく   一念不動を心掛け   自若として泰然を貫き   時に淡然と構え   心は常に明 […]


    本文を読む

  • 過去の清算

    投稿日:2019年11月28日(木)

    大学院在籍中に知り合い、その後もお付き合いのあった友人たちに恵まれていました。 彼らの殆どが、生まれながらのアメリカ人ではなく、外国からの移民です。 僕自身も移民とカテゴライズされるのでしょう。   プエルトリ […]


    本文を読む